【働き女子の投資信託選び・基礎編】
「投資初心者に投資信託がおすすめな理由3つ」
「投資初心者の投信選び ランキング頼りはなぜNG?」
「投資信託で世界の株をまとめて持つ 組み合わせ例2つ」(この記事)
「投資信託の選び方 アクティブ投信編」(8月30日公開予定)
「働き女子にぴったりな積立投資」(9月6日公開予定)

 前回のおさらいです。まずは、「世界の株にまとめて」投資をする。そして、ゆったりと世界の経済成長の波に乗っていくのが基本。少ない金額から、日本を含めた世界の株にまとめて投資ができるツールとして、投資信託はとても便利だ、というお話をしました。

 世界の株を持つ、という視点で考えたときに、候補になるのは「インデックスファンド(インデックス投信)」です。インデックスファンドというのは、特定の指数(インデックス)に連動した投資成果を目指す投資信託のことをいいます。インデックスファンドは、いわば「市場全体の動き(平均値)」に投資する方法です。

 指数(インデックス)というのは、あるまとまった市場の全体の動きを反映するようにつくられた「モノサシ」のようなものです。例えば、日本株に投資する投信であれば、TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価などが代表的。インデックスファンドはこうした指数にぴったりの動きをすることを目標としています。

ニュースでよく聞く「日経平均」も代表的なインデックスです (C)PIXTA

 ここからは、インデックスファンドを活用して世界の株を持つ方法を二つご紹介します。