• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

和おもちゃ、手ぬぐい、蕎麦猪口…江戸エスプリ満載の江戸東京博物館ショップ

2015年11月18日

子供から外国人観光客まで、多くの人を魅了する粋なグッズがいっぱい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この連載では、美術館や博物館に併設されたミュージアムショップを紹介。美術館のコンセプトや展示物にまつわる書籍や資料、オリジナルグッズやコラボグッズ、ギフトに最適なグッズも見つかります。知的好奇心をくすぐられることもしばしば。第18回は、江戸東京博物館のミュージアムショップを訪問しました。

*ショップの見どころ ⇒ このページ
*オススメ商品 ⇒ 2ページ
*美術館にも行ってみよう! ⇒ 3ページ


粋な和グッズがたくさん! お土産にも喜ばれる

 まるで道の駅の物産展を覗いたような、懐かしさとワクワク感を存分に堪能できるのが、JR総武線・両国駅から徒歩5分のところにある「江戸東京博物館」のミュージアムショップです。

 1993年に開館した江戸東京博物館は、江戸時代から明治、大正、昭和、そして現代の東京に住む人々の、生活や文化を「体感」できる施設。館内には、江戸時代の長屋(現代でいう借家)に住む人たちを再現した原寸大の模型や、両国、銀座などの街並みを再現した巨大なジオラマ、原寸大幅の日本橋を模した渡り廊下などがどどーんと復元されており、その規模の大きさに圧倒されます。

 「そのため、当ミュージアムショップも『和』をメインとした品揃えです。主力商品は食品で、やはり煎餅など菓子類がよく動きますね。パッケージの絵柄は浮世絵などをモチーフとしているためか、“パッケージ買い”をしてくださるお客様がたくさんいらっしゃいます」

 そう話してくださったのは、ショップ店長の侘美洋実さん。両国という土地柄もあってか、訪れるのは外国人観光客や、時期によっては修学旅行生が多いそう。もちろん、再現ジオラマや模型はお子様から若者、お年寄りまで幅広い人気で、平日でも多くの来場客で賑わっていました。

 「外国人のお客様には、浮世絵をあしらったカラフルなポストカード、マグネットなどが人気です。小さなお子様には、昔懐かしいブリキやソフトビニールのオモチャが新鮮のようですね。もちろん、年配のお客様も懐かしそうに見入ってくださっています」(侘美さん)

 最近、江戸時代の紋柄をあしらったオリジナル商品「蕎麦猪口」と「角皿」を販売し始めたそう。また、季節ごとにディスプレイを模様替えしており、さらに楽しさが加わります。この日は紅葉ディスプレイが色鮮やかでした!

※ミュージアムショップ(1F)の利用には、博物館のチケットは不要です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
黒田隆憲
黒田隆憲(くろだ・たかのり)
大学卒業後、アパレル商社で働いた後、メジャーレーベルよりCDデビュー。その後フリーランスのライター/カメラマンに転身し、音楽雑誌やファッション誌、Webサイトなど様々なメディアで活動している。バンド時代の経験を生かし、レコーディングやライブ現場に精通した解説が好評。また最近は、音楽のみならずアートやグルメ、ペット関連の記事なども執筆。共同監修に『シューゲイザー・ディスク・ガイド』、著書に『マイ・ブラッディ・ヴァレンタインこそはすべて』ほか多数。
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ