この記事「プロによる脱毛は読者の4割が経験 VIOは? 費用は?」 でお伝えした「読者の4割が脱毛経験者である」ということに驚愕したライターJ(36歳)。何を隠そう、私は、エステでもクリニックでも脱毛自体を経験したことのない、脱毛初心者です。世間ではもう半数近くがレーザー脱毛を経験しているのだろうか……とギモンを抱いていたところ、衝撃的な出来事がありました。

 久しぶりに妹と温泉に入ったときのこと。何気なく妹を見るとなんとあそこがツルツル! よくよく聞くと、4年前から脱毛に通い、今は体だけでなく、顔の細部の脱毛にまで通っているとか。

 もしかして……と編集部周辺でも聞き取り調査。すると、みんなしれっと「ワキと腕はもう5年前に終わってるかなぁ」「実は私、VIOも終わってます!」なんて言ったりする。
 言ってよ、みんな! 私の知らない間にみんな「スミ」になっているなんて!

みんな経験ズミなの?(画像提供:銀座ケイスキンクリニック)

脱毛経験者に聞くととにかくVIOを勧められた

 このヒアリング調査をして気になったのが、脱毛経験者たちの特に「VIO」脱毛についての熱弁を振るう姿です。

 ◆「え? なんでやんないの? ほんっとうにラクだよ。みーんなやってるよ! パートナーが喜ぶよ!」(30代後半/推しがすごかったです)
 ◆「脱毛が終わってから妊活するつもり。私にとってはそれくらい大事なんだよね」(30代前半/計画的なプランでした)
 ◆「彼と別れたので、今このタイミングで始めて全身きれいになっちゃおうと思って」(30代前半/失恋記念で始めたそうです)
 ◆「介護をする立場になって分かったの。今のうちにやっとかなきゃ、次世代や介護スタッフに迷惑がかかるなって……」(40代前半/深みが違いました)

 当初は「脱毛は見た目のためにやるものだし、ワキや腕、膝下くらいから始めてみてもいいかな」なんて軽い気持ちでいましたが、VIO脱毛がまさか未来の自分の介護にまでつながるとは思い及びませんでした。介護経験者に聞いてみると「年齢を重ねるとホルモンの分泌量も減るのか、全身の毛は薄くなるみたい。ただ、体が弱ると尿路感染なども起きるので、毛がない・薄いはメリットにはなる」とのこと。なるほど、数十年後、自分の体が(ましてや毛が)どうなるか分からないけれど、経験者がみな、そこまで勧めるならば試しにやってしまおうか。

 こうして脱毛初心者Jは覚悟を決めたのです。「まずは、VIO脱毛やろう」と。