• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キャリアプラン不要「人生を変える偶然」との出会い方

2017年7月25日

成功する人は、「偶然」をつくり出すことができる人

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「あなたのキャリアの転機は何ですか?」

 女性誌の記者となって30年以上たちました。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者をはじめとして、仕事で大きな実績を上げた女性たちを数多く取材してきました。幸せにキャリアを築いているたくさんの女性たちに会いました。そういう女性たちに必ず聞く質問がこれです。

 あなたが輝かしいキャリアを歩くようになった分岐点はどこだったのかということを聞くのですが、そうすると、年齢も業界も仕事もこれまでの経歴も住んでいる場所もさまざまであるのにかかわらず、「偶然の出来事が転機になった」という女性が多かったのです。

 「たまたま参加したセミナーで…」「偶然見かけた記事がきっかけとなって」とか、ですね。
 今回は、女性たちを成功に導く「偶然の出来事」についてお伝えしたいと思います。

第1回「号泣の不本意な異動だったのに全く後悔していない理由
第2回「『私はダメ』自虐の無限ループ あなたのせいじゃない
第3回「キャリアプラン不要「人生を変える偶然」との出会い方」(今回はここ)

幸せにキャリアを築いた人の共通点は「偶然の出来事が転機となったこと」(C)PIXTA

たまたま読んだ5行の記事が、彼女の運命を変えた

 5月に出した新刊「仕事も私生活もなぜかうまくいく女性の習慣」の中にもたくさんの「ハッピーキャリア」な女性たちを紹介していますが、その中から二人の女性のケースをご紹介したい思います。

 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」受賞者の中でも印象深かったのが、2005年にリーダー部門を受賞した「ビッグイシュー日本版」編集長の水越洋子さんでした。なぜなら、彼女の場合は、偶然読んだ5行の記事が転機となったからです。

 ビッグイシューはホームレスの社会復帰を目的として、1991年に英国で誕生したソーシャルビジネスです。街角で「ビッグイシューはいかがですか」と雑誌を手に掲げて販売する光景を見た人は多いのではないでしょうか。その大きな特徴は販売者がホームレスのみということです。その日本版を創刊し、ホームレスに仕事を提供し自立を支援する事業を仲間と立ち上げたのが、水越さんなのです。

 10代の頃から福祉の仕事に就くと決めていた水越さんは、20代は保育士として働き、30歳でシンタンクに転職。38歳で福祉関係の著書を初出版し、「福祉と活字両方にかかわりたい」という若いときの夢を実現させます。そして40代で「ビッグイシュー」に出会うのです。

 「02年に、偶然、雑誌で読んだビッグイシューの紹介記事がすべての始まりでした。かねてからホームレス問題には関心があったので、『自分がやりたいことはこれだ!』と思ったんです」

 水越さんはその4週間後には渡英し、「ビッグイシュー・スコットランド版」発行人のメル・ヤング氏と会い、全面支援の約束を取り付けました。翌03年5月には有限会社ビッグイシューを設立、その9月には日本版を創刊します。07年には、就業を含めた総合的なサポートが必要と考え、ビッグイシュー基金を設立しました(08年NPO法人化)。創刊して既に14年、この間の販売登録者はのべ1728人にも上ります(17年2月現在)。

 水越さんがその雑誌を手に取らなければ、その記事を読まなければ、ビッグイシューのことも知らず、日本版創刊にもつながりませんでした。その5行の記事が水越さんの運命を変えたわけです。ホームレスという社会課題を解決する新たな事業の誕生につながったのです。

 水越さんを取材した当時、私は、雑誌「日経WOMAN」の副編集長でした。「偶然の出来事のすごさ」に感嘆するととともに、どうしたら、自分の人生を変えるほどの素敵な偶然に会えるのだろうと思いました。

ここから先は「日経ウーマンオンライン」会員の方(登録は無料)のみ、ご覧いただけます。

  • ログイン
  • 無料会員登録

会員登録をなさっている方は、「ログイン」していただければ、記事をご覧いただけます。
ログインは、上のログインボタンをクリックしてください。
会員登録がお済みでない方は、上の登録ボタンからご登録ください。会員登録は無料です。
※会員登録の詳細は、こちらをご覧ください

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
麓幸子
麓 幸子(ふもと・さちこ)
日経BP総研マーケティング戦略研究所長
日経BP社執行役員。1984年筑波大学卒業。同年日経BP入社。88年日経ウーマンの創刊メンバーとなる。2006年日経ウーマン編集長。12年ビズライフ局長。14年日経BPヒット総合研究所長・執行役員。15年日経BP総合研究所副所長。16年日経BPヒット総合研究所長を経て現職。法政大学大学院経営学研究科修士課程修了。内閣府研究企画委員などを歴任。筑波大学非常勤講師。一男一女の母。著書に『女性活躍の教科書』『就活生の親が今、知っておくべきこと』など多数
関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ