• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

号泣の不本意な異動だったのに全く後悔していない理由

2017年7月11日

居心地いい職場を飛び出すと「自分に何が向くのか」が見つかる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 これをご覧になっているあなたはどんなお仕事をしていますか。
 入社何年目ですか。
 仕事は順調ですか。
 悩みはありますか。

皆さんは、仕事は順調ですか? (C) PIXTA

 今回から5回にわたり、キャリアを築く上で大切にしたいポイントを紹介します。何かのご参考になればと思います。よろしくお願いします。

 まず、自己紹介をします。私は1988年に創刊された「日経WOMAN」創刊メンバーで、日経WOMAN編集長を5年、発行人を2年務めて、現在は日経BP社で執行役員をしています。皆さんが読んでいる「日経ウーマンオンライン」は2009年にスタートしましたが、その初代編集長を務めました(毎日ご愛読ありがとうございます!)。

 私には息子と娘がいます。夫婦とも東北出身なので東京に実家がなく、仕事と育児の両立はまさに綱渡りの日々でしたが、それも今や昔。子どもたちは社会人となり、キャリアを歩み始めています。遠方で働いている20代の娘からは、よく、LINEで仕事の相談が送られてきます。その度に「大丈夫だから、心配しないで」「きっとうまくいくよ」と励ましたり、アドバイスしたりしています。私が若かった頃とは、だいぶ働く環境は違ってきましたが、働く女性の悩みは今も昔もそんなに変わらないなと思ったりします。

 日経WOMAN編集長から発行人に昇格した50歳のときに、法政大学大学院経営学研究科修士課程に入学しキャリアデザイン学修士となりました。現在も複数の学会に所属し研究活動をしています。この連載では、これまでの取材や自分の経験、また研究から得た知見などから、働く女性の皆さんに知っていただきたいことをお伝えしたいと思います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
麓幸子
麓 幸子(ふもと・さちこ)
日経BP総研マーケティング戦略研究所長
日経BP社執行役員。1984年筑波大学卒業。同年日経BP入社。88年日経ウーマンの創刊メンバーとなる。2006年日経ウーマン編集長。12年ビズライフ局長。14年日経BPヒット総合研究所長・執行役員。15年日経BP総合研究所副所長。16年日経BPヒット総合研究所長を経て現職。法政大学大学院経営学研究科修士課程修了。内閣府研究企画委員などを歴任。筑波大学非常勤講師。一男一女の母。著書に『女性活躍の教科書』『就活生の親が今、知っておくべきこと』など多数
関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ