• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【渋谷Bunkamura】レアなアートフィギュアや遊び心満載なグッズで展覧会の余韻を楽しもう

2015年11月4日

個性豊かなザ・ミュージアム併設のショップ、ナディッフモダン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この連載では、美術館や博物館に併設されたミュージアムショップを紹介。美術館のコンセプトや展示物にまつわる書籍や資料、オリジナルグッズやコラボグッズ、ギフトに最適なグッズも見つかります。知的好奇心をくすぐられることもしばしば。第16回は、渋谷の大型複合文化施設Bunkamura内にある美術館「ザ・ミュージアム」に併設された「ミュージアムショップ ナディッフモダン」をご紹介します。

*ショップの見どころ ⇒ このページ
*オススメ商品 ⇒ 2ページ
*美術館にも行ってみよう! ⇒ 3ページ


企画展に合わせたグッズを展開

 渋谷にある東急百貨店本店に隣接する、大型複合文化施設Bunkamura。ここには映画館「ル・シネマ」や、美術館「ザ・ミュージアム」、コンサート・オペラ・バレエ用のホール「オーチャードホール」などがあり、アートやカルチャーの発信地として知られています。今回紹介するのは、その「ザ・ミュージアム」に併設されたミュージアム・ショップ「ミュージアムショップ ナディッフモダン」。多くのミュージアムショップを手掛けるNADiffが経営しています。(NADiffが手掛ける 東京都現代美術館の記事もご覧ください!)

 「ザ・ミュージアム」は、最近ジョセフ・バンクスの作品を所蔵したものの、基本的には所蔵コレクションを持たない美術館なので、企画展の内容が変わるごとにセレクトショップ的な感覚で商品展開を変えているそうです。

 「ザ・ミュージアムは若いお客様はもちろん、ご年配のお客様も来てくださるので、そういった方たちにも喜んでいただけるような品揃えを心掛けています。常に人気なのが花柄や名画をあしらったクリアファイル。値段は手頃ですし、お友だちへのお土産としても重宝していただいているようです」と話してくださったのは、店長の相澤早季さん。

 現在は、「ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生」展を開催中。「休日に風景画を描くため外出するような“日曜画家”も訪れるのではないかと。そこで、老舗の画材屋『月光荘』のスケッチブックやカバン、クリップなどをご紹介しています」(相澤さん)

 ザ・ミュージアムの企画展に合わせた品揃えは、商品の動きを毎日チェックし、日々ディスプレイを更新しているのだとか。現在開催中の「風景画の誕生」展では、ハプスブルク家に関する書籍などが大変人気で、関連書を膨らませるなど、企画展が始まってからも流動的に売場作りをおこなっているそうです。

 「企画展が自分にとって専門外の分野のときは、初心者として一から勉強し、お客様の目線に立って、どんなことに興味を持つか、どんなことを知りたいかを考えるようにしています。自分自身の、『ここをもっと深く知りたい』という感覚を大切にしていきたい。当ショップはザ・ミュージアムのチケットがないと入れないので、気軽に立ち寄って…というわけにはいかないんですね。なので、美術館と深くリンクしているものが、他のミュージアムショップよりも求められているのではないかと思います」

 店長の相澤さんは、同じ地下1階「ガーデンフロア」にある「ブックショップ ナディッフモダン」も担当しています。こちらのブックショップは、チケットなしで利用可能。海外の美術書や写真集、アートグッズなどを扱っています。

 Bunkamuraのザ・ミュージアムを訪れた際は、併設のナディッフモダンとともに、NADiffの世界観がぎゅっと詰まったブックショップにも立ち寄ってみてください。

※ミュージアムショップの利用には、美術館のチケットが必要です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
黒田隆憲
黒田隆憲(くろだ・たかのり)
大学卒業後、アパレル商社で働いた後、メジャーレーベルよりCDデビュー。その後フリーランスのライター/カメラマンに転身し、音楽雑誌やファッション誌、Webサイトなど様々なメディアで活動している。バンド時代の経験を生かし、レコーディングやライブ現場に精通した解説が好評。また最近は、音楽のみならずアートやグルメ、ペット関連の記事なども執筆。共同監修に『シューゲイザー・ディスク・ガイド』、著書に『マイ・ブラッディ・ヴァレンタインこそはすべて』ほか多数。
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけミュージアムショップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ