• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

砧公園のお散歩とセットでぜひ訪れたい! 世田谷美術館ミュージアムショップ

2015年10月28日

アートグッズに加え、ポプリやキャンディ、和紙グッズも!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この連載では、美術館や博物館に併設されたミュージアムショップを紹介。美術館のコンセプトや展示物にまつわる書籍や資料、オリジナルグッズやコラボグッズ、ギフトに最適なグッズも見つかります。知的好奇心をくすぐられることもしばしば。第15回は、世田谷美術館のミュージアムショップを訪れました。

*ショップの見どころ ⇒ このページ
*オススメ商品 ⇒ 2ページ
*美術館にも行ってみよう! ⇒ 3ページ


閑静で緑豊かな砧公園の一角に位置する美術館&ショップ

 東名高速道路と環状八号線が交差する場所にあるとは思えぬほど、閑静で緑豊かな砧公園。その一角に静かに佇むのが世田谷美術館です。併設されたミュージアムショップには、芸術家が多く在住する世田谷区の美術館ならではの商品が並んでいました。

 「当店には、大きく分けて3つの商品を揃えています。一つは、当館が所蔵している作品をモチーフにしたオリジナルグッズ。魯山人とルソーが特に人気ですね。二つ目は、当館の分館である向井潤吉アトリエ館、清川泰次記念ギャラリー、宮本三郎記念美術館。特に、草屋根の民家を描き続けた向井潤吉の作品をモチーフにした一筆箋や、クリアファイルなどが人気です」と話してくださったのは、世田谷美術館の山岡明子さん。

 「三つめは、世田谷区在住の作家によるグッズ。例えば横山尚人による『グラスデコール』は、華やかな色彩のガラス細工。コップやお猪口といった日用品を取り扱っているのですが、実用性と装飾性を併せ持つデザインは、鑑賞用としても楽しめると思います」(山岡さん)

 他にも、ハーブを素材とする食品や化粧品、ポプリなどを扱うハーブ・ショップ「カリス成城」や、用賀にあるハンドメイド・キャンディのお店「TIK TOK」など、世田谷区内のショップからも商品を取り寄せているそう。また、日本橋の和紙店「榛原」のグッズはロングセラーだそう。

 なお、現在は写真家である濱谷浩の生誕100年を記念した企画展「生誕100年 写真家・濱谷浩―もし写真に言葉があるとしたら」が開催されており(11月15日まで)、自由が丘にあるカメラグッズ専門店「ポパイカメラ」の商品も展開されていました。こちらはカワイイ柄のカメラストラップや、オシャレなフォトアルバムなど、カメラ女子の心をくすぐるアイテムも。

 砧公園をのんびりと散歩がてら、世田谷美術館に行ってみませんか?

※ミュージアムショップ入店に、美術館のチケットは不要です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
黒田隆憲
黒田隆憲(くろだ・たかのり)
大学卒業後、アパレル商社で働いた後、メジャーレーベルよりCDデビュー。その後フリーランスのライター/カメラマンに転身し、音楽雑誌やファッション誌、Webサイトなど様々なメディアで活動している。バンド時代の経験を生かし、レコーディングやライブ現場に精通した解説が好評。また最近は、音楽のみならずアートやグルメ、ペット関連の記事なども執筆。共同監修に『シューゲイザー・ディスク・ガイド』、著書に『マイ・ブラッディ・ヴァレンタインこそはすべて』ほか多数。
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ世田谷美術館

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ