• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ジェーン・スー「踏み出さない自分を肯定してもいい」

2016年10月26日

【最終回】ウーマンオンライン読者へ贈るメッセージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

2回に渡ってこれまでの仕事歴、そして自身の仕事観を語ってくれたジェーン・スーさん。最終回は、ジェーン・スーさんにウーマンオンライン読者へのイメージや仕事に対する姿勢について、メッセージを寄せてもらいました。仕事で思わぬチャンスが巡ってきたら? 一歩踏み出せない自分はどうしたらいい? 教えて、ジェーン・スーさん!

第1回・「元会社員」ジェーン・スーが語る 意外なキャリア観
第2回・「仕事ジャンキー」ジェーン・スーが語る転機の迎え方
最終回・ジェーン・スー「踏み出さない自分を肯定してもいい」(この記事)


ジェーン・スー

コラムニスト/ラジオパーソナリティー/作詞家

音楽クリエイター集団agehaspringsでのプロデュースや作詞家としての活動に加え、自意識をこじらせた大人たちへのパンチラインが話題を呼び、2013年10月『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(ポプラ社)を出版。2作目の『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎)が第31回講談社エッセイ賞を受賞。
2016年4月よりTBSラジオ番組『ジェーン・スー 生活は踊る』(月~金11:00~13:00)でパーソナリティーも務める。
最新著書『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』(文藝春秋)が発売中。

勧められても、やりたくない仕事だったら断ったっていい!

――スーさんは日経ウーマンオンラインをご覧くださったことがあるんですよね。読者のイメージについて、どのようにお考えでしょうか。

 ずばり、真面目! きちんと貯蓄をしていそう!

 私ができないことができる人たちが読者、というイメージです。私は毎日きちんとした格好をしてメイクしてオフィスに通うことを考えただけでもすごいストレスを感じますし、経理を始めとした事務仕事はものすごく苦手なんです。

――確かに読者のみなさんはしっかりした考えをお持ちの方が多いのですが……アンケートを取ると「自己評価が低い」という回答が多くみられます。どうしてそう思ってしまうんでしょうか。

 うーん。これ、私が思ったのは、自己評価が低いのって自分が本当に感じているんじゃなく、周りにそう思わされてきたんじゃないかと。上司や同僚、親も含めて。だから「周りにそう感じさせられてきたんだ」と一度、自分を俯瞰してみたら景色も変わると思います。

――自己評価を上げるには、どうしたらいいのでしょうか。

 人に見込まれて、仕事で成果を出していくことは、周りからの評価、そして自己評価のアップにもつながると思います。でも人から「これ、あなたならできるよ」って勧められた仕事でも、イヤなことだったらやらなくていいんです。

 私だって断っている仕事はあるんですよ。例えば「『婚活女子』について、斬ってください!」という、コメンテーター的な依頼はできるだけお断りしています。断り続けていたら、そのような依頼はほとんど来なくなりました。「斬る人」みたいな分かりやすい立ち位置になって、すぐに消費されるキャラクターになってしまうのは避けたいと思って。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー働き方就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ