• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【PR】14日間の生活改善メニューをスタート

2017年7月3日

~活躍できる自分であるために~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 不規則で忙しい毎日を送る働く女性が抱えてしまいがちな不調。なんとなくスッキリしないモヤモヤした感じでは、仕事がはかどらないなんてことも。「14日間の生活改善メニュー」はスッキリ感を目指す人におすすめのツール。チャレンジすることで、あなたの毎日が変わるヒントになるはず!

実は誰もが抱えがちなお腹の悩み

 「仕事が忙しくやりがいのある日々を送っている女性ほど、『残業で生活が不規則になる』、『外食が多くて栄養バランスが偏る』といった悩みを持っていて、それが体の不調につながってしまうこともあります」。そう話すのは、営業職の女性を応援するコミュニティ「営業部女子課」を主宰し、株式会社ベレフェクト代表取締役でもある太田彩子さん。企業の人材育成支援や研修講師も担当するため、全国を飛び回っている太田さん自身も忙しい日々を送っている女性の一人だ。

 「朝食はほとんど食べずに出勤し、スケジュールがタイトな日には昼食をゆっくり食べる時間がないことも。そして、夜は仕事が終わってから遅い時間に食事。ずっとそういう生活をしていました。でも、毎日を頑張り抜くにはやはり体調が重要なので、改善したいなとは思っていました」。そんな太田さんのように生活を改善したいけれど、「なかなかきっかけがなくて……」という女性も多いのではないだろうか。

一般社団法人 営業部女子課の会 代表理事
株式会社ベレフェクト 代表取締役
太田彩子さん
2009年に「営業部女子課」を立ち上げ、これまで延べ5万人以上の働く女性を支援してきた。『営業女子 働き方の基本がわかる教科書』(プレジデント社)など、著書多数

取り入れたい! 医師が監修する腸を中心とする食習慣改善メニュー

 「より生き生きと過ごせる自分でいるために、生活を変えたい」。そう思ってはいても、なかなか実行できずにいる人にぜひ試してみてほしいのが、「14日間チャレンジsupported by ダノンビオ」。これは、消化器内科医の大竹真一郎先生監修のもと、簡単な質問に答えると、今の自分に合った食事・運動を知ることができるチャレンジメニュー。スマホで管理できるので、忙しい働き女子でも手軽にチャレンジでき、改善したい生活習慣を気づかせてくれる。

その日にできたことにチェックを入れて記録するだけの「14日間チャレンジメニュー」。すべての項目でチェックができるとクローバーが四つ葉になる。スマホでもPCでも管理できて便利。食事を中心とした生活習慣を整えるチャレンジにトライするならこちらから

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ