• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経WOMAN 最新号の読みどころ

人気漫画家マキヒロチさんが選ぶ名著3冊【日経WOMAN17年2月号】

2017年1月11日

人生で大切なことを学べる本

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

小説やエッセイから、学生時代に名前だけ覚えた歴史本、ハードルが高いと思い込んで敬遠していた古典、アート本まで。“名著”と呼ばれる本には、自分らしく生きるためのヒントが詰まっています。今回、各分野で活躍している著名人が、人生に役立つ60冊をセレクト。お気に入りの1冊を見つけてみませんか。

マキヒロチ(まきひろち)
1980年生まれ。『ビッグコミックスピリッツ』でデビュー。『いつかティファニーで朝食を(BUNCH COMICS)』(新潮社)で注目を浴びる。主な著作は『吉祥寺だけが住みたい街ですか?(ヤンマガKCスペシャル)』(講談社)など

 『いつかティファニーで朝食を』の作者マキヒロチさんにとって、スティーヴン・キングの『書くことについて』は、「創作に行き詰まったときに読み返す」と言う1冊。「それまで好きなものを好きなように描いていた自分が、どうやったら読む人が楽しんでくれるのかに気づかされました」。スティーヴン・キングとは逆だけれど、自分らしさとは何かを忘れかけたときに読むのが、『既にそこにあるもの』。「周りがどう思うか考えすぎずに、心の思うままに生きていいんだと勇気付けられました」。「そうそう! 私も仕事楽しいの!」と思わせてくれるビタミン剤が、『働きマン』。「読みすぎてボロボロなのでそろそろ新しく買い換えたいです(笑)」。

漫画家・マキヒロチさんおすすめ

『既にそこにあるもの』
大竹伸朗著/ちくま文庫
マキさんが大好きな現代アーティストのエッセイ集。「自分らしさとは何かを忘れかけたときに読み返す本です」。

『働きマン』
安野モヨコ著/モーニングKC(講談社)
女性編集者が懸命に働く姿を描いたマンガ。「尊敬する安野モヨコ先生の作品のなかでも、ダントツで大好きな話です」。

『書くことについて』
スティーヴン・キング著、田村義進訳/小学館文庫
『小説作法』が改題されて出版されたもの。「スティーヴン・キングの今までの作品への取り組み方と、これから物語を書く人への教えがたくさん詰まった自伝的指南書です」。

取材・文/岡本 藍  マキさん写真/洞澤佐智子

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経WOMAN誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BP書店で購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ