• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

非日常に飛び込もう! 働き女子の素敵体験

食べられるミニチュア「マイクロフード」の作り方

2016年11月4日

料理がリアルに見える「3つの理由」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 手のひらにのった、料理の数々。小さいはずなのに、料理としてのリアル感に満ちている。これらは、今話題の食べられるミニチュアフード、その名も「マイクロフード」だ。

マイクロチーズフォンデュ
マイクロブッシュドノエル
マイクロベーコンエピ
マイクロカニレタスチャーハン
マイクロ鶏ささみ梅しそ巻き揚げ
マイクロきりたんぽ鍋

 初めて聞いたという人は、まずは「食べられるミニチュア『マイクロフード』って何?」(前編)を読んでみてほしい。大まかに説明すると、直径8cm以内の器に盛りつけられ、本物の食材だけで作ったミニチュアフードのこと。つまり、上写真のメニューは小さいながら、すべて「食べられる料理」なのだ。

 しかし、原寸を思わせるこのクオリティは一体どのようにして表現できるのか。「マイクロフード」の先駆者であり、『手のひらサイズのリアルごはん マイクロフード140』を上梓した、マイクロ料理人・ゆたぽんこと、よしだゆたか氏に聞いてみた。

→ 「マイクロ料理人」3つのこだわりとは?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメグルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ