• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スカーフを120%活用できる巻き方 オンオフ兼用

2017年9月17日

まだまだあります、スカーフの裏技、小技、荒技!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 スカーフを使いこなしていますか? スカーフは、首元に巻くだけでなく、頭に巻いたり、ウエストのアクセントにしたり、バッグに彩りをプラスしたり……とさまざまな使い方ができるんです。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが写真で例を示しながら詳しく解説します。

 秋口から重宝するのが首元を彩るスカーフだ。レトロ感やあでやかさが盛り上がる今シーズンはプリントスカーフの出番が増えそう。ありきたりの巻き方だけでなく、意外技、大胆アレンジまで、スカーフの多彩な表情を引き出す巻き方テクニックを、人気セレクトショップ「GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)」が提案。お仕事ルックにも応用できそうだ。

頭に巻いてアクティブアクセント

スカーフ 1万1000円(税抜)manipuri/ジャケット 6万4000円(税抜)Rawtus/トップス 1万1000円(税抜)GALLARDAGALANTE/スカート 4万2000円(税抜)HERITANOVUM/ブーツ 3万6000円(税抜)Pelleterno/ブレスレット 2万8000円(税抜)miansai

 スカーフは首に巻くのがセオリーだが、頭に巻けば視線が引き上がって、着姿全体が縦長に映る。アンティーク風の山吹色のスカーフが髪に交わって、ヘッドアクセサリーのよう。レトロさとレディー感を醸し出す。

 カーキ色のプリーツスカートは裾丈がアシンメトリー(左右非対称)。ソフトレザーのジャケットは微妙にカラートーンをずらしている。インナーとブーツは黒で引き締めた。唯一のイエロー系であるスカーフが装いにフレッシュさを添えている。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ