• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ユニクロ初のリゾートウエアで非日常ムードを満喫

2018年5月12日

トップデザイナーが提案するコレクションが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ゴールデンウイークが明け、初夏の気分を盛り上げていきたいこの季節。街中でも着こなせるユニクロのリゾートウエアで、非日常ムードやモード感を取り入れてみませんか。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが解説します。

 「ユニクロ」から初めての本格的なリゾートウエアコレクションが5月18日から売り出される。世界的なトップデザイナーと組んだ提案は初夏の気分になじみ、非日常ムードやモード感を招き入れてくれそうだ。洗練とカジュアル感が同居するコレクションの魅力を見ていこう。

「tomas maier and uniqlo」が示すリゾートウエアとは?

 まず「リゾートウエア」のイメージをつかんでおきたい。「リゾート」という響きからすると、海辺・南国向きといった印象を抱きやすいが、必ずしもそうとばかりは限らない。「リゾートで過ごす時間にふさわしい」といったニュアンスは帯びているものの、街中でも着こなせる服が多い。「シーズンを超えて重宝する、気負わない雰囲気の服」「リゾート気分を味わいながらも街中でアレンジできる服」といったとらえ方ができる。

 イタリアの高級ブランド「BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)」を手掛けるトーマス・マイヤー氏とコラボレートしたコレクション「tomas maier and uniqlo(トーマス マイヤー アンド ユニクロ)」は伸びやかでリラクシングなムードを醸し出している。米国屈指のリゾート地、フロリダの太陽にインスピレーションを得たという今回のデザインは、上質感と着やすさが融け合い、ビーチと街中を着替えなしで行き来できそうな「シーンフリー」の着こなしを提案している。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ