• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ベルト使い、柄物、きれい色~春のオフィス服コーデ

2017年4月15日

コントワー・デ・コトニエ発・パリジェンヌ流の着回し技

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

春のオフィス服をアップデートしていますか? 春こそ新鮮な印象のオフィス服をまといたいもの。今回は、「ベルト使い、柄物、きれい色」の三つのキーワードに絞り、ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんがコントワー・デ・コトニエの新作を例に解説します。この三つをうまく取り入れるだけで、印象がぐんと上がります。

Comptoir des Cotonniers 2017春夏コレクション

 新しい仲間を職場に迎える春。オフィスルックは自分の第一印象を左右することもあるだけに、元気さやきちんと感を印象づける着姿を見せていきたいところ。新鮮な着映えに整えるパリジェンヌ流の着回し技を、フランス発ブランド「Comptoir des Cotonniers(コントワー・デ・コトニエ)」からキャッチしてみよう。

細ベルトでウエストマーク 上品なメリハリを演出

Comptoir des Cotonniers 2017春夏コレクション

 好印象を与える決め手は、上品なまとまり感。スーツはやや堅苦しい感じが出るので、上下が同じ素材のジャケット風コートとスカートを組み合わせたセットアップを試したい。

 ツイード素材は上質感を醸し出す。七分袖を選べば、キビキビ感が出るうえ、実際に仕事でキーボードを打ちやすい。細ベルトでウエストマークすると、すっきりした着映えに。余った端を長く垂らすと、気負って見えにくくなる。

Comptoir des Cotonniers 2017春夏コレクション

 ジャケットとパンツの組み合わせはオフィス服の定番。でも、濃い色はかしこまって見え過ぎることも。ミスティローズのように淡いニュアンスカラーなら、優しげなムードに。フェミニン色を選ぶと、穏やかでキュートなキャラクターを印象づけやすい。

 ジャケットの上から細ベルトを巻く小技がこなれ感を生む。シャツとカットソーを差し替えれば、オン&オフで自在に着回せる。ソフトで軽やかな生地で仕立てたトレンチコートを重ねて、パリっぽい着姿に仕上げて。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ