• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

相磯展子の「目からウロコの仕事ハックnew」

「頑張りが報われない人」に共通する足りないものとは

2016年10月17日

興味と目的意識がなければ輝けない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

アメリカで注目が集まっている“ハピネス研究”を知っていますか? この分野では、「働く人の精神がどのように仕事に影響するか」についての研究が盛んに行われ、それが実践の場でも取り入れられています。これは仕事で感情を出すことをタブーとしがちな日本とはずいぶん違う考え方です。本連載では、翻訳・通訳者の相磯展子が、「ハピネス研究」をはじめとする海外の仕事観を紹介しながら、日本の仕事の常識に疑問をぶつけていきます。違った視点に触れることで、悩みを解決するヒントがきっと見つかるはずです。

 「こんなに頑張っているのにどうして報われないの?」あなたはこんな風に悩んだことはありませんか? 

 その答えはおそらく「頑張りが足りない」からでしょう。

 ちょっとドキッとしましたか? 「え、でも私こんなに頑張っているのに!どうして?」という不満の声が聞こえてきそうです。

 残念ながら「成功」への近道はありません。いくら才能があっても、努力がなければどこにも到達できないのは事実です。オリンピック選手を見てください。そのすばらしいパフォーマンスは、膨大な練習量の賜物です。

 しかし、輝くためには単なる努力だけではダメなのです。

 私たちの文化は「頑張り」だけを取り出して美化する傾向があります。学校では頑張った生徒が先生に褒められます。ドラマなどで描かれる「苦しみながら頑張る主人公」の姿は視聴者の心を動かします。しかし、頑張りは「成功」の全体像の一部にすぎません。私たちはこの「頑張り」だけに焦点を当てることで、それ以上に大事なことを見落としています。

 「え?」と思ったあなたに「頑張り」の本質について説明したいと思います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ