• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ハーバードでのカルチャーショック 「専業主婦」に対する価値観

2016年2月23日

仕事と子育ての両立が「楽しみ」なヘリーと「悩ましい」私

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「ハーバードを卒業後はもちろん仕事をする。でも、いつか結婚をして子どもが生まれたら、一定期間仕事をやめて専業主婦になる可能性はあるかなぁ」

 以前、将来についての展望を私はこのように話した。そのときの、友人達の反応が忘れられない。

 「何のためにハーバードで学んでいるの?」「学んだことを社会に還元する義務がある」「みんなが教育を受けられない世の中で、いかに自分が恵まれているか少しでも考えたら、そんな選択はできないはず」……疑問と驚きの嵐だった。

 フィンランドで生まれ育ったヘリ―に至っては、「そんな考えの人、聞いたことがない。瑶子は、私の友達の中での初の専業主婦になるよ」と唖然とされた。

フィンランドで生まれ育ったヘリーは25歳

専業主婦という選択肢 同級生に「とんでもない」と言われた

 彼女によると「自分の母親や親戚はもちろん、知り合いの女性に専業主婦はいない。瑶子に失礼かもしれないけど、フィンランドでは、専業主婦は社会に関心のない怠慢な人間だと思われているよ!」と言う。

 これこそ、カルチャーショック。

 国が違うとはいえ、自分の人生の選択肢の一つがそこまでネガティブに捉えられることにショックを受けた。その一方で、ヘリ―はハーバードに通う同級生に「そんなとんでもない考え方」をする人がいることにショックを受けていた。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大倉瑶子
大倉瑶子
テレビ局で報道記者・ディレクターとして4年働く。東日本大震災の取材やフィリピンでの台風被災地のボランティアを通して、災害復旧に興味を持ち、退職を決断。フルブライト奨学生として、ハーバード・ケネディ・スクールで学んでいる。
関連キーワードから記事を探す
キャリア&スキル働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ