• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

働く女性の脱毛研究会

脱毛初心者ライターJが自腹でVIO脱毛挑戦 結果は(2/5)

2017年3月16日

恥ずかしい! 怖い! 揺れるココロと脱毛プロセス一部始終

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

VIO脱毛スタート!

 脱毛研究会の取材で学んだのは「脱毛するなら露出の少ない季節に始めるのがいい」ということ。私がクリニックを訪れたのは、真冬の2016年12月でした。また、経験者や医師からも「色素の濃いVIOは痛みを感じやすい」「医療のレーザー脱毛は回数が少なくて済む」と聞いていたので、麻酔をしてレーザー脱毛をしてくれるクリニックでの施術を選びました。

【参考記事】■永久脱毛=一生ツルツルは幻想? 医療とエステの違い
「クリニックの医療レーザー脱毛は通う回数が少なくて済む」

 初診ではカウンセリングを行います。毛周期から始まり、実際レーザー脱毛ではどんな機器を使うのか、どんなデザインがいいのか、など医師のアドバイスを聞き、施術の予約を入れます。このとき、麻酔のクリームを処方してもらいました。

施術の30分前に自分で脱毛部位に塗ってくるクリーム

VIO脱毛には、超えなくてはならない二つの関門がある

【施術前夜】

 VIO脱毛初心者の私にとって、脱毛に至るまで二つの関門がありました。

 まず、第1の関門は自宅での剃毛(ていもう)です。そもそも、そんなにのぞき込むことのなかったデリケートゾーンと私は浴室で30分も向き合うことになりました。

 トライアングルのデザインにしようと決めていたので、まずハサミである程度カットし、そっていきます。初めは潔く外側からT字のカミソリを使ってジョリジョリと……。次第にそのスピードは遅くなり、不安になっていきます。

【参考記事】
「VIO脱毛のQ&A 温泉で浮かない医師おすすめデザインは」

 うまくそれたか分からない、どこまでそればいいのか分からない、そもそも、そるのが怖い……。

 いろんな角度から攻めるため、浴室での格好はこんな感じです。

必死でした。入浴後なのに汗かきました

 IとOは完全にはそりきれません。いや、正直にいうと完全にそるのを諦めました。入浴後30分も格闘して既に汗がダラダラ。すごい体勢が続くので首も凝りました。腰も痛い。「もう、お金払うからプロにやってもらいたい。それで、どこまでやればいいのか一度学ぼう」と観念したのです。

 多少そり残しがあっても、下着をはくとスースーするほど毛量は減りました。ここまでそったのは初めてです。毛量がうんと減っただけでも、恥ずかしさと誇らしさと安堵感が入り混じった、大人への一線を越えたような感覚です。施術当日はクリニックに向かう足取りも、気持ち軽やかでした。

【施術当日】

 麻酔クリームを自宅で塗り、塗布した部位にラップを当てて行きます。最初は違和感がありますが、そのうち慣れてきます。

清潔感のある部屋です。ここでまず着替えます

 ここで、下半身だけ洋服を脱いで、紙パンツにはき替え、タオルスカートをはきます。

紙パンツは、Tバック。細長い面が後ろです
はくとロングスカートです 学生時代の水泳の時間を思い出します

 最初に、スタッフが「ちゃんとそれているか」確認します。昨晩、諦めた私はやはりそり残しがたくさんあったようで、スタッフの方が電動ハンドシェーバーで5分ほどかけてそってくれました(剃毛料金は1回3000円)。そるとき、O部分はくすぐったくて体が震えました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケアカラダの悩み・病気

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 5月号

    「時間のムダが9割減る ノート術&文具 神ワザ100」を大特集。ルーズリーフに書くだけでお金が貯まる家計ノート、コクヨ式・ミスゼロノート術など、書くだけで「なりたい自分」を手に入れるアイデアが満載。さらに「お仕事服は“制服化”でラクになる」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 5月号

    太りたくない、やせたい、便秘を解消したい…そんな女性の悩みを「作りおき」と「時間栄養学」で解決する「太らないシンプル食事術」を大特集。さらに、特別付録「反射区&ツボ押し手袋」付き。美と健康に役立つ情報満載です!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 4月号

    「日経DUAL」4月号は「ひとりっ子、きょうだいの育て方」と「パパの手作り20分夕ごはん大作戦」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「英語のプロ 息子に『勉強しろ』と言ったことはない」「中室牧子 貧困家庭の子を支援すべき本当の理由」「堀井美香 夫と子のために『言わない』と決めたこと」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版