• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

優秀な人ほど間違えている? 感情の「下げ方」

2018年1月10日

怒りやイライラ、不安の感情の高まりを鎮めてくれる呪文

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 SNSを見てモヤモヤ、他者から言われた言葉に必要以上に傷つく。仕事が予定通りに進まなくてイライラ――世の中も自分も「不寛容」だと感じていませんか。心理カウンセラーの下園壮太さんが、自分を追い込まずに寛容力を育てていくコツを教えてくれます。3回目は、職場でトラブルが発生したり、気持ちが高ぶるような出来事があったときの感情の「下げ方」についてお伝えします。

問題解決ツールを持っているのに使わない人

 今回は、最初に質問です。あなたは、気持ちを切り替えるためのツールをどのぐらい持っていますか? 私の場合、以下のようなものが挙げられます。

・呼吸する
・一人になる
・チョコレートを食べる
・コーヒーを飲む
・孫の動画を見る
・歩く
・テニスをする
・書く
・寝る

 気持ちを切り替えるためのツールを持っておくことは大切です。ただ、私がカウンセリングをしていて感じるのは、

 真面目で頑張り屋な人ほど、ツールを持っているのに、それを使わない傾向が強いのです。

 なぜでしょう。下の第2回の記事でお話しした「長女キャラ」を思い出してください。

そんなこと思ってはダメ」という「長女キャラ」の存在

 長女キャラとは、正義感が強く、しっかり者で、弱さや怠惰を許さないキャラクター。誰の心にも住んでいる、と私は思います。

 この長女キャラは、あなたが気持ちを切り替えようとしてツールを手に取ろうとすると「なに、他に目をそらせようとしてるの?」「逃げちゃダメ」と言ってきます。「逃げたい」「逃げちゃダメ」と自問自答しながら、消耗されていくのはあなたのエネルギーです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
下園壮太
下園 壮太(しもぞの・そうた)
心理カウンセラー
MR(メンタルレスキュー)協会理事長、同シニアインストラクター。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。陸上自衛隊初の心理教官として、衛生隊員やレンジャー隊員などに、メンタルケア、惨事ストレスコントロールの指導、教育を行う。2015年に退官し、現在は講演や研修、著作活動を通して独自のカウンセリング技術の普及に努める。近著に「寛容力のコツ」(三笠書房)、「自衛隊メンタル教官が教える 人間関係の疲れをとる技術」(朝日新書)。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術メンタルヘルス働き方人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 1月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ