• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「勘違いメイク」はこう直す―嶋田ちあきさん直伝

2016年12月26日

ファンデ厚塗り、アーチ眉、老けシャドウから抜け出そう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

輝くワーキングウーマンのためのイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2016 Winter」が、12月3日に東京ミッドタウン(東京・港区)で開催。多数の女優さんのメイクも手掛けるヘアメイクアップアーティストの嶋田ちあきさんが、「あなたの“常識メイク”は“勘違いメイク”かも? 嶋田ちあきさん直伝 働く女性のトレンド感度&好感度UPメイクレッスン」と題して、働く女性たちにも取り入れやすいトレンドメイクを伝授してくれました。
実は間違っているかもしれないメイクの思い込みって? そして、オフィスもOKの旬顔の作り方とは? 今すぐあなたの自己流メイクを見直してみてください!

嶋田さんが軽快なトークと分かりやすい実演を展開

 多くのワーキングウーマンにとっての悩みの種、それがメイク。トレンドは追いたい、でもオフィスメイクだから時間はかけたくない! そうして通勤電車に飛び乗る、いつものカオのいつもの私。そんなマンネリメイクのお悩みを解決してくれるのが、カリスマヘアメイクアップアーティストの嶋田ちあきさんです。

ヘアメイクアップアーティストの嶋田ちあきさん、モデルの小柳アヤカさん

今冬キーワードは「抜け感」と「温かさ」

 今シーズンの秋冬は、ゆるめの雰囲気がトレンドだと語る嶋田さん。シャープにしすぎず、どこかに「抜け感」をつくることがポイントなのだそうです。また、雰囲気は「クール」よりも「温かさ」の演出を。この抜け感&温かさをキーワードにヘアメイクするといいそうです。

 春夏に多かった赤系やピンクのトレンドカラーも、秋冬は深みのあるボルドーに変化。「リップなど、普段はボルドーを付けるシーンがあまりないかもしれませんが、アイメイクを少し薄めにしてボルドーのリップをすると、とっても映えますよ」と、嶋田さんがボルドー使いのヒントを教えてくれました。

今旬の眉は直線的に! アーチはNG!

 そして、旬顔を作るうえで最も注意すべきパーツ、眉について、嶋田さんは力説します。

 「アーチ眉の人はいらっしゃらないですよね? アーチ眉は今はダメですよ! 顔の中でも広い面積にある眉毛は最もトレンド感が出るところですから、そこだけで顔が古臭く見えてしまうんです。最近はナチュラルなメイクが流行なので、直線的で眉山からは短く下げる眉を意識してください」

 人はまず顔に目がいくため、どれだけトレンドなファッションを身を包んでいても、メイクが古臭いと全体の雰囲気も古臭く見えてしまうそう。逆に、ファッションは流行を追っていなくても、旬なメイクをするだけで今どきな雰囲気になるそうです。アーチ眉だけは絶対に避ける! と心に誓うワーキングウーマンさんたちです。

 次のページから、嶋田さんのメイク実演についてご紹介します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ