• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

知っておきたい女性ホルモン 体への影響とその対策(2/2)

2017年1月26日

【WOMAN EXPO】仕事も恋もパワーアップ! 女性ホルモンのコントロール術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

知っておきたい女性ホルモンの影響

 女性ホルモンとは健康とキレイの守護神である美容サポートホルモンでありつつ、困ったこともあると善方さんは指摘。エストロゲンの分泌量上昇によって、子宮筋腫、子宮内膜症、乳がんなどの疾患や気分不安定、月経痛などが起きやすいかどうかにも関係しているのです。

 エストロゲンの減少でも、困った症状が起こります。エストロゲンが減少するのは、いわゆる更年期。肝臓などの代謝や骨が溶けない働きにもエストロゲンが関わっており、エストロゲンの減少は、脂質代謝異常、動脈硬化、心筋梗塞、骨粗しょう症などにも影響を与えているそうです。

 「更年期なんて先のこと、よってエストロゲン起因の病気についてはまだ心配ない」……なんて油断するのは禁物。「早発閉経」といい、更年期症状が40歳未満の場合に起きてしまうこともあるそうです。「月経周期が早まってきたり、月経量が極端に少なくなってきたりしたなどの症状が30代後半から出たならば、卵巣ホルモンのゆらぎが早く訪れてしまった『プレ更年期』かもしれません。気を付けてください」(善方さん)

女性ホルモンのコントロールを意識しよう

 女性ホルモンのコントロールのキーワードとなるのがイソフラボンです。体内で、エストロゲンと似たような働きをするとされており、エストロゲンの減少による諸症状を軽減することが期待されています。

 しかしながら、さまざまな臨床実験の結果、更年期症状に対する効果にはばらつきがありました。それは、腸内細菌の働きによって作られる「エクオール」という成分があるかどうかの違いだということが分かってきたそうです。エクオールは大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が腸内環境の力を借り、変換して生み出されたものですが、エクオールに変換できる腸内細菌がいないと、エクオールが作られません。そのため、更年期症状への効果もばらついてしまったのです。ちなみに、エクオールを作ることができる腸内細菌を持つ日本人は、約半数と言われているそうです。

聴講者で埋め尽くされた会場。女性ホルモンに対する意識の高さがうかがえました

 「女性ホルモンのような働きを期待して、イソフラボンを摂取しても、同じ効果を得られない人がいるということです。そこで、サプリメントでエクオールを摂取したり、エクオールを作れるかどうかの検査『ソイチェック』を受けてみるのもおすすめです」(善方さん)

 女性ホルモンによる体調の変化は、しかるべき方法でコントロールができます。「辛いときは我慢せずに、女性ヘルスケアの専門医に相談を。日本女性医学学会ホームページで相談先を見つけられます」と善方さん。早めの対処が大切です。

 善方さんは最後に、自分の女性ホルモンのライフステージを知り、ホルモンの変化に翻弄されず、上手にお付き合いすること。そのパートナーとして、婦人科を積極的に使ってほしいと締めくくっていました。

文/北本祐子 写真/竹井俊晴

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ