• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

やってはいけない、キケンな節約とは

2016年5月10日

食費の節約、100円ショップでの大人買いは本当におトクか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「お金に困らないで生きるには」連載のファイナンシャル・プランナー 花輪陽子です。

 GWでお金を使い過ぎてしまった人も多いのではないでしょうか。「節約をしなきゃ!」と思っている人も多いかもしれませんね。ただ、やみくもに節約をするのは禁物です。無理な節約は余分に時間やお金がかかってしまう場合もあるからです。しっかりと費用対効果を考えて、無理のある節約はあえてしないと割り切ることも大切です。

 『その節約はキケンです-お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか』(祥伝社)によると、「自炊にこだわるのはキケン」だそうです。お金がピンチになって節約にせまられると真っ先に食費を削ろうと思う人が多いと思います。しかし、前出の著書によると、「時給計算によって自分の行動を判断する」とよいとのこと。

 たしかに自炊をするには、仕事の後にスーパーに行って、食事の支度をして、後片付けをしてと、お金以上にかなりの労力を使うことになります。他方で、スーパーやコンビニのお弁当やお総菜を利用すれば、準備も要りませんし、後片付けも楽なので、1時間程度時間を節約できる場合もあるでしょう。その時間を使って資格や英語の勉強をすることもできそうです。

 中食(惣菜やコンビニ弁当などの調理済み食品を自宅で食べること)の場合も上手くやりくりをすれば自炊とそれほど食費が変わらない場合もあります。1/4にカットされたキャベツなど、ひとり分の自炊費は割高になりがちです。また、毎日自炊をしないと食材を腐らせて無駄にしがちなところもあります。惣菜や弁当は仕事帰りに半額セールをやっていることも多く安く買える場合も多いですね。何がなんでも自炊という気持ちを切り替えると時間の使い方も上手になれるかもしれません。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ