アラサー世代では、本格的な頭皮ケアを取り入れている人はまだそれほど多くないかもしれません。美髪アドバイザーの田村マナさんは、「頭皮ケアはできるだけ早いうちから始めるべき」と話します。
 頭皮ケアと聞くと、成分を届けて発毛や育毛を促すイメージが強いかもしれません。「まだまだ自分には関係ない」と思いがちですが、顔のスキンケアをするのと同様、頭皮も保湿して環境を整えてあげることは、実は美髪を育てる近道だそう。では早速、効果的なやり方を解説します。

美髪を育てるための美容液。効果的な使い方は? (C) PIXTA

白髪、うねり毛、薄毛の発生も遅らせることができる頭皮美容液

 「ヘアケア剤の中で、どれか一つにお金をかけるとするなら、頭皮用美容液をおすすめします」と田村さん。

 頭皮の乾燥は、白髪やうねり毛、薄毛などの原因。早いうちから頭皮美容液でケアをしていけば、これらを遅らせたり、ある程度予防したりすることもできるそうです。

 早速、頭皮美容液の効果的な使い方を解説します。

頭皮美容液を塗布したら手でなじませて浸透を促す

 30代のうちから始めてほしい頭皮ケア。頭皮美容液の効果的な使い方を田村さんに教えてもらいます。

【頭皮美容液の正しい使い方】

(1)ケアのタイミングは、入浴後、タオルドライをしたらすぐ。頭皮が湿っている状態のほうが美容液が浸透しやすいです。

(2)美容液を直接地肌に付けたら、すぐに指で押さえて浸透させます。顔に化粧水を付けて手でなじませるのと同じです。

(3)頭皮全体に満遍なく行き届かせるには、イラストのように分け目を付けてなじませるのがコツ。なじませた後にマッサージをするとさらに浸透が高まりますが、美容液を付けるだけでも十分です。その後、ドライヤーで乾かします。

縦に4本、横に2本(生え際と頭頂部)の分け目に付けてなじませていくのがポイント

 次ページからは、田村さんがおすすめする頭皮美容液を紹介!