「お金を貯めれば幸せになれるのでは?」「貯蓄が1000万円以上ある人は、好きなものが何でも手に入れられそう」という声も耳にしますが、実際はどうなのでしょうか。――実は、貯蓄が100万円未満でも人生の満足度が高い女子(90点と答えてくれた人も!)もいます。今回はそんな女子たちに、お金との付き合い方についてお聞きしました。

第1回 読者の「貯蓄事情」大公開 平均貯蓄額939万円
第2回 貯蓄1000万円女子の生活費大公開 削れないのは?
第3回 貯蓄1000万円女子は1年間にいくら貯めるのか
第4回 働く女性の最高の自己投資とお金の失敗 何にいくら?
第5回 1000万円貯める女子 貯蓄を意識して変わったこと
第6回 貯蓄1000万円女子の習慣 ○○が得意で○○がない
第7回 貯蓄1000万円女子が実践 効率よく貯める法則3つ
第8回 月収20万で貯蓄1000万円 幸せ独身女子の貯め方
第9回 貯蓄5000万円以上バツイチ既婚子あり37歳の幸せ
第10回 貯蓄2500万円女子が実践する仕事力&収入アップ術
第11回 彼との別れも転機に 貯蓄3000万円女子の人間関係
第12回 貯蓄1000万円あっても寂しい 35歳女子の光と影
第13回 貯蓄2900万円女子「お金はあっても幸せ増えない」
第14回 貯蓄100万円以下でも「幸せ」なお金との付き合い方【今回はここ】
 

N・Mさん(28歳)
メーカー・広報
独身、一人暮らし、彼あり

手取り月収:20万円
手取り年収:300万円
貯蓄(投資)総額:40万円
人生満足度:90点

結婚式のお金がないと気付き、貯蓄をスタート

――N・Mさんの貯蓄は、現在40万円と伺いました。内訳について教えていただけますでしょうか。

 「はい、普通預金に10万円あって、給与天引きの財形貯蓄が30万円あります。新入社員時代から毎月2万円、ボーナスでは5万円の財形貯蓄をしてきたのですが、お金がある程度貯まると、つい欲しいものを買ってしまって。財形を一部解約していたりして、なかなか大きなお金が貯まらなかったんです。でも今ようやく、40万円になりました」

――奨学金の返済が、月に3万円近くあるとも教えていただきました。

 「高校時代に、両親から『お金を借りないと大学に行けない』と言われて、『じゃあ借りるか』というくらいの軽い気持ちで、500万円借りました。いざ社会人になって返済するようになってから、大きなお金を借りたということの重みを実感しています。

 返済の金額は、毎月2万7000円近く。20年間なのでこの先まだまだあります。この返済がなければお金がもっと貯められたかも……とも思いますが、学生時代に学んださまざまなことが役立っているので、お金を借りて大学に行ったことは意味があったと思っています。うまく繰り上げ返済をして、早めに返したいですね」

――最近、結婚に向けてお金を貯めようと思いたったそうですね。

 「そうなんです。もともと彼とは結婚を前提として付き合い始めたのですが、2年を越えて、20代後半になってきたし『そろそろ結婚について具体的に考えたいね』とお互いの貯蓄額を確認したんです。すると、結婚式を挙げられるだけの貯蓄がないことが判明して(苦笑)。二人で頑張って貯めていこう! ということになりました。

 ただ、彼は貯蓄をしても、趣味のためにすぐに使ってしまうタイプ。彼が管理する口座だと、せっかく貯めても使ってしまう恐れがあるので、私が使っていなかった口座を二人の結婚資金用口座として、毎月彼が2万円、私が3000円入金しています。

彼と結婚に向けて一緒に貯めていくのも幸せの一つ (C) PIXTA