なかなかのぞくことができない、隣の人の給与明細や預金通帳。一体、自分と同世代の女性たちは何にどれくらいお金をかけ、どのくらい貯蓄をしているのでしょうか。日経ウーマンオンラインでは、みんなが気になる「貯蓄」についての読者アンケートを実施しました。第1回では、働く女性の平均貯蓄額が939万円という驚くべき結果をご紹介しました。では、1000万円以上貯めている女性には、どんな特徴があるのでしょうか。貯めるコツを探るために、貯蓄「1000万円未満」女性と「1000万円以上」女性のデータを比較していきましょう。

第1回 読者の「貯蓄事情」大公開 平均貯蓄額939万円
第2回 貯蓄1000万円女子の生活費大公開 削れないのは? 【今回はここ】

【調査概要】
◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施
◎調査期間:2017年8月9日(水)~9月3日(日)
◎有効回答者数:332人

◆平均年齢37.5歳、独身61.8%、既婚(子どもなし)17.9%、既婚(子どもあり)17.0%、会社員(一般職)54.2%
◆貯蓄「1000万円未満」は全体の63.4%、貯蓄「1000万円以上」は全体の32.1%
◆記事中の平均値は、有効回答を基に算出しています。

貯めている人はどこで買い物しているの? (C) PIXTA

貯蓄「1500万円以上」と「500万円未満」の二極化が鮮明に

 まずは「現在の貯蓄(投資)総額」の分布をご覧ください。

Q 現在のあなたの【貯蓄(投資)総額】で当てはまるものを選んでください。
夫婦の収入をまとめて貯蓄している場合は、半額を自分の分として計算してもらっています。

【1000万円未満と答えた人の内訳】
・100万円未満……24.9%
・100万~300万円未満……29.2%
・300万~500万円未満……17.7%
・500万~700万円未満……16.3%
・700万~1000万円未満……12.0%

【1000万円以上と答えた人の内訳】
・1000万~1500万円未満……38.7%
・1500万円以上……61.3%

 1000万円以上の女性だけを見ると、なんと6割以上の人が「1500万円以上」と回答していました。一方、1000万円未満女性では、「100万~300万円未満」(29.2%)と「100万円未満」(24.9%)で半数を超え、「300万~500万円未満」(17.7%)が続きます。つまり、1000円未満女性は、7割以上が500万円未満ということです。

 貯蓄額の内訳を詳しく見ていくと「1500万円以上」と「500万円未満」で大きく二極化している実態が明らかとなりました。

 この貯蓄額の回答を基に、貯蓄「1000万円未満」女性と「1000万円以上」女性を分けてデータを比較して見ていきましょう。