「昔、その気もないのにうっかり自殺しかけました。」

 昨年、大手広告代店の電通に勤務していた新卒の女性、高橋まつりさんが過労自殺したことを受けての報道が大きく取り上げられていた頃、ツイッターで30万リツイートされた過労死マンガがあります。

「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由(ワケ)」(汐街コナ著/あさ出版)

 それは、イラストレーターの汐街コナさんがデザイナーとして長時間労働に従事していた頃、「働き過ぎて、その気もないのにうっかり自殺しかけた」自身の体験をリアルに描いたもの。いつの間にかそんな状況に追い込まれてしまう理由を、軽妙に、しかしメッセージは重く深く伝え、「リアル過ぎて泣ける」「これ、私のことだ」と、働き盛り世代だけでなく、社会に出たばかりで感覚のギャップに戸惑い悩む若い世代からも、大反響を呼びました。

 様々なメディアで紹介されたこの漫画を糸口に、精神科医・ゆうきゆうさんの監修・執筆協力のもと、労務環境が原因となって起こるうつと、そのメカニズム、対処の仕方を紹介した「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由(ワケ)」(あさ出版)が、発売前に重版、4月初めの発売後たった10日ほどで6万2000部の売れ行きを見せるヒットを示しています。

 「もっと、自分勝手に生きていい」「世界は広いんです」と訴えるこの本を、いま新生活を始めるなどして「つらい」の真っただ中にいる人、あるいはそれさえも気付かずに何も感じずただ壊れたように働き続けている、多くの人たちに届けたい。

 気付いてほしい。立ち止まってほしい。せめてとにかく死なないでほしい。そんな思いで、この本を読んだ、働く女性たちの反響をご紹介したいと思います。まずは、大反響のあった漫画の一部を次ページでお見せします。