• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

元彼、幸せ自慢…アラサー同窓会は事故多発 無傷の戦術

2017年1月12日

マウンティング通り魔や元彼ロマンスを活用して自分をアゲる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。皆さん、年初の年賀状やSNSチェックは無傷でお過ごしになりましたか。

 年賀状って、小さいくせに時として強大な破壊力を持っていますよね。手のひらより一回り大きい程度、縦横148×100mm。まぁそんなに小さいというのに、なぜあんなに鋭利に深く、ざっくりと私たちの心を引き裂いていくのでしょうねぇ。

 昔の同級生や、他社へ転職した同期などが年賀状やSNSで知らせてくる「結婚しました」「産まれました」の文字に、そう簡単に立ち直れないほどのダメージを受けたことはありませんか。

 これ、例えばなじみのセレクトショップの女子店長だとか、いつものネイリストさんだとか、取引先の誰かが「○○さん、私こんど結婚するんですー」なんて報告してくるのとはレベルが違うんですよ。

 「同級生」「同期」だからなんです。あの頃、同じ場所、同じ空気、同じ出来事、同じ気持ちを共有していた仲間だからなんです。

あの頃はみんな同じ場所で同じ空気を吸っていたのに…(C)PIXTA

あの頃、同じ場所で同じ空気を吸っていたはずのあの子が…

 その仲間が自分よりも先に踏み出し、自分はとり残された……。幸せそうにほほ笑むかつての同級生や同期の写真(私自身もそうでしたが、わりとイタい写真多し)が発する光に目を潰されそうになりながら、そんなショックがずっしりと重くのしかかるのです。新春なのに。

 あの頃はみんな同じ、横一列のポジションだったーー。

 それが、お互いの成長(と加齢)を経て、人生はもはや横一列などではなくバラバラ、しかもそれは平面ではなく立体で、上下まであることを如実に知らされるのが、同窓会という恐ろしい審判の場所です。

 「あの頃あんなに○○だった子が、いまこんな……」

 すべてはこの↑一言に集約されるでしょう。

 「変わらないよね〜」

 変わらないわけがあるかっ! お互い10年、20年とトシ取っとんのやっ!

 アラサーのお嬢さんたちはもしかしてご存じないかもしれませんが、アラフォー以上が熱狂して見た海外ドラマ『アリー my love』の主要登場人物である弁護士事務所経営者、リチャード・フィッシュの数々の名言の一つに、こんなものがあります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河崎 環
河崎 環(かわさき・たまき)
コラムニスト。1973年京都生まれ、神奈川県育ち。家族の転勤により桜蔭学園中高から大阪府立高へ転校。慶應義塾大学総合政策学部卒。欧州2カ国(スイス、英国ロンドン)での生活を経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、テレビ・ラジオなどで執筆・出演多数。多岐にわたる分野での記事・コラム執筆を続けている。子どもは20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に「女子の生き様は顔に出る」(プレジデント社)
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ