• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性に贈る 最高の朝ごはん

働く女性 「100歳まで生きる朝食」を食べていない

2017年9月26日

働く女性は朝ごはんの栄養が決定的に足りていないという事実

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 1日を元気に始めるための朝ごはん。毎朝きちんと食べたくても、忙しい日や朝寝坊した日に、つい抜いていませんか? もしかしたら「ダイエットしているから」という人もいるかもしれません。でも、軽い気持ちで「朝ごはん抜き」を続けていると、私たちの体は悲鳴を上げてしまいます。食と健康に詳しい、予防医療コンサルタントの細川モモさんに、働く女性の朝食の実態と朝食の健康効果について伺いました。

細川モモ
予防医療コンサルタント

アメリカで最新の栄養学を学び、International Nutrition Supplement Adviserの資格を取得。医師や栄養士による予防医療チーム「Luvtelli Tokyo&New York」主宰。2011~2015年にミス・ユニバース・ジャパン ビューティーキャンプ講師を務める。2014年からは三菱地所と共同で東京・丸の内に「まるのうち保健室」を立ち上げ、国内初となる「働き女子1000名白書」をまとめる。著書に「細川モモの美人食堂」(主婦の友社)、「『食事』を知っているだけで人生を大きく守れる」(ダイヤモンド社)など。

※インタビューで出てくるデータは、Will Conscious Marunouchi実行委員会の調査によるものです(◎調査期間:2014年8月~2015年3月、◎調査対象:「まるのうち保健室」参加者1022人、◎サンプル数:20~30代の女性就業者749人)

日本の女性は栄養・運動・睡眠が足りない三重苦

 2014年から「まるのうち保健室」として、働く女性約2000人の生活習慣や健康状態を調べている細川モモさん。その結果を目の当たりにして、驚きと危機感を覚えたといいます。

 「日本の女性は圧倒的に栄養・運動習慣・睡眠が足りないんです。2014年の調査では約4割の女性が朝ごはんを欠食していました。朝ごはんを抜くと、およそ1食分の400kcalが減るため、必然的に1日の摂取カロリーも下がります。20代女性の平均摂取エネルギーは1480kcal、30代は1479kcalまで落ち込んでいました」(細川さん)

欠食率(「毎日食べる」と回答しなかった人)
20代……36%

平均摂取エネルギー量
20代……1480kcal
30代……1479kcal

【参考】女性の必要摂取エネルギー量
20~30代……2000kcal

 この1479kcalという数字は、糖尿病の治療食や70代の高齢者が食べている食事よりも低い摂取量。

 細川さんは強調します。「働きざかりの20~30代の女性に必要なのは、1日1800~2000kcal。皆さん、もっと食べていいんです!」

きちんと朝食を取っていますか? (C) PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ