• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

恋愛トラブルの原因は、ほうれんそうの不足だった

2017年5月12日

察してほしい、空気を読んでほしいと思っていませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

相手の考えていることは分からないのに、自分の考えていることは分かってほしいと思っていることってありますよね。それって単なるエゴではないでしょうか? 正直にはっきりと伝えることが近道となることはよくあります

 映画ライターのゆうせいです。

 仕事やプライベートがうまくいかないとき、誰しも落ち込みますし、奇跡でも起きないかと妄想することはありますよね。私も中学生のときには、通学中にメガネ女子と曲がり角でぶつかる出会いが本当にあると信じていましたから。

 今回ご紹介する「植物図鑑」は、まさにそんな幸せな妄想が本当になったような作品です。こんな幸せあるわけないじゃん……と思いつつも、やっぱり憧れるし、いつか自分の身にも起こり得るような気になるし、最後には全力で応援したくなる内容です。

 でも、幸せって、勝手にずっと続くわけではありませんよね。そのあたりの怖さも本作は教えてくれます。

【ストーリー】
仕事もプライベートも行き詰まっているOLの「さやか」は、マンションの前で行き倒れていた青年、「樹(いつき)」と出会う。半年間という期限付きでさやかの家で暮らすことになった樹は、料理上手で野草に詳しく、さやかの知らなかった世界を優しく教えてくれる。さやかは次第に樹にひかれていくが……。

幸せのコップからあふれないギリギリの量をずっと継ぎ足してくれる

 あらすじにもありますが、本作は突然の出会いから始まります。嘘みたいな出会いに、いくら映画でもそんなのって……なんてツッコミを入れている間にどんどん引き込まれます。

 主人公の樹(いつき)の優しさに、油断したら泣いてしまいそうなほど胸がいっぱいになるのです。

 例えるならば、幸せのコップに、あふれないギリギリの量の水をずっと継ぎ足してくれる感じです。コップに入った水も時間とともに少しずつ蒸発しますよね。すると、またあふれないギリギリの量を継ぎ足してくれて、常に幸せを感じさせてくれる感じです。

 あまりの幸せに、とにかくこのまま話が進みますように、無事に終わりますようにと祈ってしまいそうなほどドキドキしますし、むしろホラー以上にハラハラします。

 でも、これで終わってしまっては映画としては物足りないわけで、やっぱり訪れてしまうのです。

 ラブストーリーにおいては切っても切れない「擦れ違い」ってやつが……。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
永井 勇成
永井 勇成(ゆうせい)
映画紹介を得意としているライター。「日経ウーマンオンライン」「シネマズ by 松竹」で映画コラムの他、複数のメディアで執筆中。企画・編集・執筆・モデルを提供するカンパニオの代表で、ぱくたそではフリー素材モデルとして不倫素材や、記者風素材を提供している。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ