• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

愛の物語の裏にある、野獣よりも本当は怖い 人間の○○(2/2)

2017年4月21日

やっぱり究極のラブストーリーってこれですね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

野獣よりも何よりも恐ろしいのは人間の狂気

タイトル通り、いやタイトル以上の美女、それがエマ・ワトソン 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 さて、本作は美しいベルと野獣のラブとロマンスにうっとりすることがメインですが、野獣よりも人間の狂気のほうが恐ろしいことを忘れてはいけません。

 ベルに恋するあまり、野獣もびっくりの狂気を見せつけてくれる男、ガストンの存在です。

 イケメンでマッチョなガストンは、自分が野獣に負けるなんて1ミリも思っていないし、美女と野獣の恋を認めるわけにはいかないのです。

 しかし、ここで1番大事なことはベルの気持ちがどこを向いているのかです。自分がどれだけ優れていても、ベルが野獣のどこを見ているのかを冷静に分析しなくてはなりません。

 自分は野獣に勝るアピールポイントを持っているのか、そして、そのアピールポイントはベルに対して有効なのかどうかを。アピールポイントがあるからといって、勝負に勝てるわけではないことも理解していなくてはなりません。

 でも、人間の狂気は恐ろしく、そんなことは全部すっとばして、野獣だから悪、俺は人間だから善と決め付けて疑いません。自分より下と判断したものが結果を出すこと自体が許せなくなるのです。

 野獣にされたことで、より人間らしく、自他共に気持ちを理解しようとすることに対し、人間は野獣に対してはこれほどまでに狂ってしまうのかと怖くなります。

 タイトルの野獣とはガストンのことかもしれないと、美しい映像と音楽に魅了されつつも考えてしまいますよ。

 さて、最後にこれだけ言わせてください。

 ベルを演じているのは「エマ・ワトソン」です。ハリー・ポッターシリーズでハーマイオニー役の彼女です。タイトルに「美女」と入っているので、誰もが認める美女でないと問題ありなのですが、完璧に美女でございました。

 冒頭からラストまで、何も文句ありません。その姿、美女で間違いございませんでした。ファンの方はもっと好きに、ファンでなかった方はファンになることでしょう。物語とともに、その美しさをご堪能ください。

 それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。

「美女と野獣」

4月21日(金)全国公開
(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

文/永井勇成

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
永井 勇成
永井 勇成(ゆうせい)
映画紹介を得意としているライター。「日経ウーマンオンライン」「シネマズ by 松竹」で映画コラムの他、複数のメディアで執筆中。企画・編集・執筆・モデルを提供するカンパニオの代表で、ぱくたそではフリー素材モデルとして不倫素材や、記者風素材を提供している。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ