東京ミッドタウン(東京・港区)で5月20日(土)~21日(日)に開催された「WOMAN EXPO TOKYO 2017」。開幕初日、第一発目のトークショーのスタートを切ったのは島田秀平さん。「幸せを引き寄せる力を身に付ける、“強運”の秘訣」と題して、手相占いトークショーが開催されました。基本的な手相の見方から、ラッキーサインを表す特殊な手相に至るまで、楽しいトークを随所に交えながら、たっぷりと教えていただきました!

時間いっぱい惜しみなく伝授してくれた島田秀平さん

右手の手相は生まれ持った才能や資質、左手は今現在の状態を表す!

 休日の午前10時台にもかかわらず、多くの来場者で会場は立ち見が出るほど満杯に! 割れんばかりの拍手で迎えられた島田秀平さんは、来場者からの熱い要望に応え、会場の端から端を渡り歩き、冒頭から大フォトセッション! 会場が温まってきたところで、いよいよお待ちかねの手相のお話が始まりました。

 「手相って実はとっても簡単なんです。どなたでも線の意味を覚えれば、自分はもちろん、相手の手相も見られるようになります。手相は人を元気づけたり、人と仲良くなれたりする、とってもいいコミュニケーションツールなんです。皆さん、この機会にぜひ覚えていってくださいね」

 島田さんの言葉に、来場者の期待もぐんと高まりました。

 手相は右手と左手、両方にありますが、一般的には右手がもともと生まれ持った才能や資質を表し、左手が今現在の状態を表すのだそう。「右の手相のほうがいい場合は、まだまだその才能が生かし切れていない証拠。両方の手に同じような線があれば、今現在、才能や資質を生かせる方向に進めているということになります。では、今日は『左手』の手相を中心に見ていきましょうね。皆さん、左手を僕のほうに向けて出してください!」と呼びかけると、一斉に左手が挙がり……。

 「実は、この手の出し方に既に皆さんの状態が表れています」と、いきなり意味深な発言をする島田さん。

「手の出し方に今の状態があらわれるんですよー」

 「中指と薬指の距離が近い、くっつき気味という方。はい、この方は疲れがたまっています! というのも、中指と薬指は神経がつながっていて、この二本の指を離すのがおっくうになるということは、疲れているという証拠なんですね。ですので、身近な人にぜひ試してみて、指がくっつき気味でしたら、どうぞ優しくしてあげてください(笑)」

 それぞれ自分の手を見ながら疲労度を確認する来場者の方々。会場全体にどよめきと笑いが広がりました。