5月21日「WOMAN EXPO TOKYO 2016」にて、講演「女性が輝くモノづくりのまち~子育て・教育環境日本一へ~」が開催された。来場者に向かって、「福井県越前市に行ったことがありますか?」という問いかけから始まったこのセッションでは、越前市が掲げるキャッチフレーズ「女性が輝くモノづくりのまち」を実現するためのさまざまな取り組みを紹介しました。そのプレゼンターとなったのは、越前市には縁もゆかりもなかったのに、旦那さんを説得してまでIターンしたという古賀さやかさん。その経緯を越前市の魅力とともに、日経BPヒット総合研究所長の麓幸子が迫りました。

越前市にひとめぼれして移住を決意!

 越前市の市の花である菊の花の妖精で、秋の一大イベント「たけふ菊人形」のマスコットキャラクターである「きくりん」も見守るなか、トークショーはスタート。

 日経ウーマンでは自分のふるさとではない場所にIターンする女性を「LOCO(ロコ)ガール」と名付けていますが、古賀さんもこの4月に移住したばかりのLOCOガールです。大学を卒業後、東京で働いていたものの、東京でのキャリアや生活に対して疑問を抱くようになり、26歳のとき故郷の熊本に戻りました。そこから再勉強をした後、福岡のFM局での勤務を経て、結婚後は佐賀県に移住して地元の観光協会に勤務。しかし、夫婦で越前市を訪れたところ、越前市にひとめぼれしてしまい、移住を決意したそうです。

たけふ菊人形マスコットキャラクター「きくりん」

 越前市の求人倍率が高く、業種も多彩だったことからご主人を説得。一緒にIターンすることに。

「越前市には素晴らしい自然環境や京都かと思うぐらいお寺も多く、街並みも美しい。1500年もの歴史がある越前和紙など、伝統工芸品も日常生活に溶け込んでいる。米どころでお水や日本酒もおいしく、とくにそばはここにきて本当の美味しさを知りました」

越前市にIターンした古賀さやかさん