• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

男性同士の輪に入れない、会社の人間関係を築くヒント

2016年9月29日

ランチ、喫煙ルーム、飲み会……仲間外れになりがち

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

オトコゴコロを理解することは、会社のコミュニケーション上、実は大切なこと。この連載では、同じ職場で働く男性社員と共存し、上手に会社の人間関係を築くためのヒントをお届けします。今回は最終回! 「男性ばかりの職場で仲間外れになりがち……」という相談です。

Q.「仲間外れ感」に悩んでいます

 もともと女性社員が少ない会社ですが、私は、10人の男性社員の中でぽつんと女性一人で働いています。仕事そのものは楽しいですが、ちょっと息苦しいことが増えてきました。私が女性だからなのか、一人ぼっちになってしまうことが多いのです。
 お昼時間になると、男性同士でどこかへ行ってしまいます。私は誘ってもらえません。外出前にトイレに……とトイレさえ一緒に行くこともあるみたいで、ちょっと子どもみたいだなとも思ってしまいます。何人かは喫煙者がいて、喫煙ルームにも連れ立って行くこともあります。
 先日、会議で、私の知らないことがもう決まったかのように話が進められて、困惑しました。「この話は初耳なのですが……」と伝えたら、「あぁそうだったか」と上司はちょっと面倒くさそうに説明してはくれましたが。ランチや喫煙ルームで、私の知らない会話が繰り広げられているようです。
 私が女性だからなのか、結果的に仲間外れになることが多く、仕事にも支障が出そうです。同じ部署の仲間なので、混ざりたいし、大切な話は共有したい。関係を悪化せずに、自然に溶け込むとっかかりのヒントをお聞きしたいです。
(28歳・企画)

「男性ばかりの職場で、溶け込めていない自分がいます……」 (C)PIXTA

A.無理に仲間入りしようとせず、味方を一人、作りましょう

 身も蓋もないのですが、多分、その雰囲気は異動や転勤などメンバーが変わらない限り今後も同じだと思います。決して、貴女に非があるわけではなく、元からそういうメンバーなのです。ランチや喫煙のメンバーって一度と決まるとなかなか入れません。そして無理して入ろうとすると嫌われる可能性が大です。

 以前、ボクも会社勤めをしていたときに同じことがありましたよ。ある程度、人がいたのでそんなコミュニティがいくつかあり、複数をまたいでいる人もいましたね。喫煙所で情報交換がなされていて会議で初めて知ったり、接待ゴルフの場で契約の内容が進んでいたりすることも珍しくない。ボク自身はタバコを吸わないので、タバココミュニティには入れません。むしろ煙たくて入りたくもなかったんですけどね(笑)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
藤村岳
藤村岳(ふじむら・がく)
男性美容研究家
編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演の他、講演、コスメ開発やマーケティング等も行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に新刊『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』(宝島社)、『男の身だしなみ100の基本』(エイ出版社)がある。
公式サイト 男性美容研究所 http://danbiken.net/
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ