• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

LCC活用で海外もお得に 達人のおすすめエアライン

2017年6月23日

カテゴリ別 日本発着LCCをご紹介 海外旅行はもっと身近になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

これまで国内線のLCCについて回を追って紹介してきたが、今回は国際線である。ここ数年で就航路線が増え、ついにはアジアだけでなくグアムやハワイにまで飛ぶようになった。LCCを活用すれば海外旅行だってお得に行ける!

どんな航空会社がある? 注目の旅先は?

 LCCの国内線と国際線の一番大きな違いは、就航している航空会社の数だろう。国内線ではピーチ、バニラエア、ジェットスター、春秋航空の4社しかないが、国際線になると一気に数が増える。ここでは、「国内線組」「韓国系」「台湾・香港系」「東南アジア以遠」とカテゴリをざっくり分けてまとめてみよう。

海外のLCCもポップなデザインが多い。写真はスクート

国内線組

 国内線を運航している4社はそれぞれ国際線の路線も持つ。特にピーチバニラエアは日系エアラインなので、機内では日本語が通じるし、日本ならではのきめ細かいサービスを受けられるのは大きな魅力だろう。ジェットスターは本国オーストラリアの他、東アジアの主要都市への便がある。春秋航空は中国本土とを結んでいる。

韓国系

 日本に就航している外資系LCCで最も数が多いのは韓国系だ。具体的にはイースター航空チェジュ航空ジンエアーエアプサンエアソウルティーウェイ航空の6社。行き先は主にソウルと釜山で、東京や大阪以外の地方都市からの路線も充実しているのが特徴といえる。

台湾・香港系

 台北路線には各社が参入しており、いまやLCCの定番路線のような存在になっている。ピーチバニラエアなどの国内線組の他、タイガーエア台湾スクートといった外資系LCCも就航している。両社はいずれもシンガポール航空系列のLCCで、台湾から乗り継いでシンガポールまで飛ぶこともできる。また香港へは香港エクスプレス航空が就航している。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
吉田友和
吉田友和(よしだ・ともかず)
旅行作家。世界一周新婚旅行の模様を描いた『世界一周デート』でデビュー。世界一周ブームの先駆けとなった『してみたい! 世界一周』や、超短期旅行の魅力を綴った『週末海外!』シリーズが大きな反響を呼ぶ。近年は日本国内も精力的に旅をし、子育てを目的に沖縄短期移住などの試みも。近著に『ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン ベトナム1800キロ縦断旅』(幻冬舎)、『週末5万円からの東南アジア』(大和書房)など
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ