• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

できる人は知っている、食後に眠くならない食べ方は

2016年11月24日

ランチ後もシャキッとしたい 食後に眠くなるあなたは食べ方不合格

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「美しい人」「仕事ができる人」になるためには、何が必要でしょうか。実は「食べ方」を変えるだけで、本来の機能や美しさを引き出すことができます。今回は、食後に眠くなってしまう悪習慣についてチェック。大人のダイエット研究所の代表理事で、フードプランナーの岸村康代さんが、食後も眠くならずにシャキッと仕事に励むことができる食べ方のコツについて、解説します。

 寝不足ではないし、疲れているわけでもないのに、ランチの後は仕事中に眠くなって困る。あなたもそんな心当たりがありませんか?

 その眠気をもたらしている犯人は、実は、ランチに食べている糖質の影響かもしれません。ごはん、パン、麺類、スイーツなどの主成分である糖質。糖質は脳や体を動かす大切なエネルギー源ですが、「摂り方」が重要。摂取量やバランス、摂り方が間違っていると、体にダメージを及ぼす要因になってしまいます。

 今回は、眠くならず、生活習慣病の予防にも役立つ賢い食べ方について考えてみましょう。

ごはん、パン、麺類……糖質は大切ですが、どう摂取するかが肝心です (C)PIXTA

血糖値を急激に上げない食べ方のコツ

 眠くならない食べ方のカギ、それは血糖値のコントロールです。

 通常、食事をすると血糖値はゆるやかに上昇し、2~3時間でゆるやかに下がります。

 ところが食後に眠くなる人の場合は、血糖値が急激に上昇し、それを元に戻そうとしてインスリン(血糖値を下げる働きのあるホルモン)が大量に分泌されるため、上がっていた血糖値が今度は急激に下がります。そうすると、イライラしたり眠気に襲われたりしやすいのです。

 例えば、朝食を抜いて糖質中心のランチをお腹いっぱい食べる、仕事の都合で午後2時過ぎに糖質中心のご飯を食べる――そんな人は要注意です。長年このような食べ方を続けている人は、インスリンの効きが悪くなったり、逆に必要以上に大量に出てしまったりと障害を起こしている人が多く、糖尿病などの原因にもなっています。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ