• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

働く女性が乳がんになると、社会の経済損失は年6兆円超

2016年8月3日

将来を見据えて動ける人ほど、健康診断を受けている

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 私は今年4月から化粧品会社の社外取締役に就任しました。その中で、一人の女性として考えさせられることがありました。それは「乳がん」です。就任先では、「口紅1本でできるボランティア」として乳がんの検診受診率向上や患者支援のための寄付活動を行っており、私もその活動にかかわる機会が増えました。また、著名人が乳がんと闘っていることも報道され、「他人事ではない!」と危機感を抱いた人も少なくないはずです。
 今回は、働く女性が気になる乳がんや婦人科系の病気について経済学を基に考えていきます。

働く女性が乳がんになったら…経済損失は6兆円!

 非営利の民間シンクタンク・日本医療政策機構がある試算を発表しました。働く女性が乳がんなどの婦人科系の病気になった場合、社会全体の経済的損失は、年間6兆3700億円(!)というものです。

婦人科系の検診に行ったことがない人は女性全体の27%も……(PIXTA)

 調査は、2015年11月、20~60代で正規雇用の女性約2100人を対象にインターネットを通して実施されました。その中で、婦人科系の病気にかかった人に医療費はいくらぐらいかかり、仕事の生産性が落ちたことによりどのようなコストがかかったかを調査しました。その結果を基に試算されたのが、6兆円超という数字なのです。

 また、国立がん研究センターがん対策情報センターによると、乳がんの罹患率は年々増加していることが報告されています。また、厚生労働省が企業の健康保険組合に実施した調査によると、従業員の乳がん検診の受診率は約35%、子宮頸がんの受診率は約32%と、ほかのがん検診に比べても低いそうです。

定期検診、受けていますか?

 私自身は、会社を通して年に一回は検診を受けるようにしています。婦人科系の検診はデリケートな部分を見てもらうことも多く、躊躇する人もいるかもしれません。ただ、乳がんは、他のがんに比べると早期発見できた場合に生存率が高いともいわれていて、私自身は、定期検診は重要なのではないかと思っています。

 「でも、健康診断で本当に病気を発見できるの?」なんていう声もあるでしょう。中には「健康診断は受けないほうがよい」と指摘する専門家もいるようです。その理由は、レントゲンなどを何度も受ければ発がんリスクも上がってしまうからというもの。ただ、CT検査で受けるような少量の放射線とがんのリスクの関係については、科学的に明らかにされていないようです。一方で、健康診断は早期発見に有効だという指摘もあります。どう考えるかは、自分次第なのかもしれません。

 世の中には、「絶対」はありません。100%悪い部位が見つかる健康診断もないでしょう。そこで私は、こう考えています。

 病気にかかる確率を下げるため、普段から健康を意識した生活をすることです。また、そうはいっても突発的な病気にかかることがあるかもしれないので、もしもに備えて保険や貯蓄をするようにしています。備えあれば患いなし、といいますよね。

 経済学には、所得と健康に関する興味深い研究論文があります。


★日経ウーマンオンラインに関する簡単なアンケートにご協力ください

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
崔真淑(さい・ますみ)
崔真淑(さい・ますみ)
マクロエコノミスト。Good News and Companies代表。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。化粧品会社エイボン・プロダクツ社外取締役。1983年生まれ。神戸大学経済学部、一橋大学大学院(ICS)卒業。大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)では株式アナリストとして活動し、最年少女性アナリストとして株式解説者に抜擢される。2012年に独立。経済学を軸にニュース・資本市場解説をメディアや大学等で行う。若年層の経済・金融リテラシー向上をミッションに掲げる。公式ホームページ
関連キーワードから記事を探す
マネーカラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 12月号

    特集:「部屋を片づけると勝手にお金が貯まる!7つの理由」大公開!年100万円貯めてる人の財布・冷蔵庫・クローゼット 特別付録:書くだけで貯め上手になる!マネー手帳 2018上半期

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 12月号

    特集 ご飯OK!油OK!賢く食べて体脂肪オフ 「ラクにやせる 糖質・脂質 とり方の正解!」リバウント知らず、一生太らない!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 11月号

    「日経DUAL」11月号は「地頭がいい子を育てる暮らし方」「DUAL独自調査!家事代行サービスランキング」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「中田敦彦 ユーチューバーの活躍に危機感があるから」「魔裟斗 最初は子どもなんて欲しくなかった」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ