ふとした胸のハリが気になって、乳がん検診を予約するとき。

 下腹部の痛みが続いて、婦人科を受診しようかなと思ったとき。

 来月、会社の健康診断があると分かって、自分の体調不良がふと心配になったとき。

 「もしも、がんが見つかったら」という不安から、検診の直前にがん保険が気になる方もいるようです。

え、これってしこり? 検診前にがん保険先に入ったほうがいいかな (C) PIXTA

 でも、直前の加入で本当に対応できるのでしょうか。

保険に入ってから、がん検診?

 もしもがんが見つかったら……と想像すると、治療方法のことや仕事のこと、家庭のことなど、さまざまな不安があることでしょう。もちろん、お金の不安もつきものです。

 そんなとき、がんの備えとして頭に浮かぶのは「がん保険」が多いようですが、がんになったときにも、健康保険の高額療養費や傷病手当金、障害年金などの公的制度は使えます。あなたが今までに貯めた貯蓄もこれからの生活の味方ですから、公的保障も考えつつ、がん保険を考えてくださいね。

 では、本題のがん保険に戻ります。

 がん保険は、がん以外の病気には無力ですが、その名前の通り、がんにはとても手厚い給付です。最近は、入院給付金や診断給付金だけでなく、通院治療、放射線や抗がん剤治療、先進医療などのさまざまな特約が登場し、進化しているのも特徴です。

 私のところにご相談にいらっしゃる方が想像するがん保険は、「がんと診断されたら診断給付金100万円」というような、一時金タイプが中心です。では、がん保険に加入して、その1週間後にがんが見つかった場合、がん保険の診断給付金100万円はもらえるのでしょうか。

 残念ですが、診断給付金はもらえないのです。