• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

一人暮らしの食費、光熱費、通信費 平均はいくら?

2018年2月5日

平均データから見えてくる、メリハリ家計のつくり方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「今年は貯蓄を頑張ろう!」と決意し、月末を迎えると、ふと「私の食費って多いのかなぁ」「ひとり暮らしの電気代っていくらぐらいがいいんだろう」と、平均値が気になってくるという人もいるようです。

 平均値は、あくまでも「目安」であり、あなた自身のお金の使い方とは異なって当たり前ですが、それでも「知りたい!」と思う気持ちは自然に湧いてきますよね。そこで、今回は、平均の支出データをご紹介しましょう。

私って平均より使い過ぎなのかな? (C) PIXTA

支出の平均額が知りたい!

 次の表は、世帯人数別の1カ月の食費、水道光熱費、被服費および履物、家具・家事用品の平均額です。例えば、電気代のように、寒さ・暑さによって変動する支出もありますが、これはそれらを含めた1年間での平均値です。自分が気になっている支出が平均額よりも高いようなら、まずは平均額を目安に見直す意識を持つといいですね。

総務省家計調査(平成28年)を基に作成

食費の平均から分かること

 家族が多いほど食費が高くなるということは、皆さんが想像されている通りだと思います。注目してほしいのは、食費の中の「(うち外食費)」です。

 外食費は、一人暮らしの人も、5人家族の人も、平均額ではあまり差がありません。頻度と1回あたりの回数が影響しているのかもしれませんね。

 そこで、自炊等の自宅で作って食べる食費を計算してみましょう。外食費を除いた食費を計算したのが次の表です。

総務省家計調査(平成28年)を基に作成

 食費と外食費を分けて家計を管理したい人は、上記の平均データを参考に、食費をコントロールしてみてくださいね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
前野彩
前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ