• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

わたしとシゴト。

24歳で起業 結婚したら育児に専念するつもりだった

2016年11月28日

雨宮みなみ(後編)人生のパートナーがビジネスのパートナーに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

中学生のときからの夢を叶え、保育士として働いていた雨宮さん。ただ、現場で働くうちに、保育の限界や制限を感じることが多くなってきたといいます。そんなとき、雨宮さんに1つの出会いがありました。


大好きな現場を離れる決心をした

 保育士として忙しい毎日を送っていましたが、あるとき最初に働いていた保育園の同期を通して、後に夫となる男性と出会ったんです。出会いからほどなくして付き合うことになり、24歳で結婚。28歳のときに第一子を出産しました。

 夫はフリーランスのシステムエンジニアです。出会った当初から、よく仕事の話をしていました。「こんな保育がしたい」「多忙な環境をどうにかしたい」「子どもたちの人格形成に関わる大事な時期に、丁寧な保育をしたい」。私のさまざまな思いや話をいつもおもしろがって聞きながら、一緒に考えてくれました。

キッズカラー 代表取締役CEO/保育士 雨宮みなみさん

 忘れもしない、2010年5月5日。いつものように彼と仕事の話をしていました。それまでにも「保育」と「Web」というお互いの強みをいかして何かできないかと考えていたのですが、ふと、子どもの遊びや保育を共有する情報サイト「ほいくる」のアイデアが頭に浮かんだんです。気づいてみると、その日はこどもの日。「これはやるしかない!」と決心しました。よく、「どうして保育士から起業しようと思ったのですか?」と聞かれますが、始めから起業しようと思っていたわけではないんです。保育現場で感じた課題意識から、「こんなのあったらいいな」と思うものを形にすることで何か少しでも変わるかもしれないという、アイデアが先にあって、どういう形で運営していこうかを真剣に考えた後に、起業という選択をしました

 それからは夫婦二人三脚で起業に向けて準備を進め、さまざまな保育イベントなどに出かけては情報収集やヒアリングを行いました。起業と保育士の二足のわらじは、どちらも中途半端になると断念。現場を離れる寂しさはあったのですが、保育園は受け持ちの園児たちとともに卒園しました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ