• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

わたしとシゴト。

恋バナ好きがビジネスに 25歳経営者の起業の原点(3/4)

2017年3月21日

村田あつみ(前編)辞めるつもりでリクルートに入社 3カ月後…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

自分の事業のために新卒でリクルートに入社

 私の家族は昔から仲がよくて、いつも私の選択を応援してくれます。私にとって「家族」はかけがえのないものなんです。同様に、将来の家族になるかもしれない「恋人」も私にとっては大きな存在でした。なので、自分のことだけじゃなくて、友達の「恋バナ」も大好き。そのあたりに関わることがやりたいなと考えていたときに、同僚が友人カップルを喜ばせようと写真を撮影してあげているのを見て、これだと思ったんです。

 私が構築したウェブサイトに15組くらいのカップルの写真を公開し、ラブグラフはスタートしました。初めは「写真を撮ってもらいたい人がいたらここからお問い合わせください」という感じで緩く運営していたのですが、1カ月の応募が5件から15件、30件と少しずつ増えていき、月に数十万円稼げるようになっていったんです。その頃から法人化を視野に入れ始めました。

オフィスの外階段にて。実は人と話すのが得意ではないという村田さん。取材やイベントの依頼は「自分の言葉で伝える訓練になるので」積極的に引き受けることにしているそう
写真撮影サービスを行う会社の顔として、身だしなみには特に気を使う。「キャンメイクの口紅は安くてかわいいのでお気に入り。色付きのリップクリーム感覚で使えるので、ハンドクリームと共にいつも持ち歩いています」(村田さん)

 大学卒業後は、いったん東京でリクルートホールディングスに開発ディレクターとして就職しました。いきなりラブグラフを本業でやっていくことには正直なところ不安もあったし、共同創業者が一つ下の学年だったので、彼の卒業を待って、足並みをそろえて専念したかったからです。自分で事業をやっているので、いずれは会社勤めを辞めるつもりであることまで話した上で、リクルートは採用してくれました。

 ところが、就職してすぐの頃からラブグラフと大手企業とのタイアップが増えてきて、副業にとどまらなくなってしまったんです。会社の同期はすごく優秀だったし、このままではどちらも中途半端になってしまうと思い、入社わずか3カ月でしたが退職を決断しました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ