• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

わたしとシゴト。

恋バナ好きがビジネスに 25歳経営者の起業の原点(2/4)

2017年3月21日

村田あつみ(前編)辞めるつもりでリクルートに入社 3カ月後…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「どうしてこのデザインにしたの?」に答えられなかった

 それまでは、文化祭のポスター一つとっても、自分がいいと思うものを表現すればみんなに褒めてもらえました。同じような感覚で、最初に任された名刺やロゴのデザインを作ったら、「全然だめ。ゼロからやり直して」と突き返されてしまったんです。そのデザインにした意味を聞かれたとき、私は「かっこいいと思ったから」としか答えられませんでしたが、それが根本的に間違っていた。「デザインは自己主張ではなくて、問題を解決するための手段だ」と言われました。

 今思えばデザイナーとしては当たり前のことですが、そのときの私は、それまでの固定観念を崩されたことがショックでした。でもそこで夢が閉ざされるのは嫌だったし、負けず嫌いなので諦めたくなかった。葛藤しながらも考え方を変えることにして、やっと相手に提案できるレベルに持っていけるようになりました。

念願かなってデザイナーになるも、壁に当たって「一度はデザインが嫌いになりそうだった」と話す村田さん

共感できるキーワードは「家族」と「恋愛」

 一つの壁を乗り越えたことで、自分がデザインしたものが形になる楽しさが味わえるようになりましたが、今度は依頼主の事業そのものに共感できないまま仕事をすることがつらくなってきたんです。もちろん共感できる領域もありましたが、そうでない場合には、クライアントを納得させるためだけに小手先でデザインすることになる。このままデザイナーとしてやっていったらそういう機会も多くなるだろうと考えたときに、それは嫌だなと思いました。

 それなら自分はどんな領域だと共感できるのか。「就活」とか「住宅」とか、具体的なキーワードを思い浮かべながら自問自答していったときにたどり着いたのが、「家族」と「恋愛」でした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ