• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

貯めてる人はやっている 楽しくコツコツ貯まる貯蓄術(5/6)

2018年5月16日

鉄板の方法から最新アプリまで 長く続けられる貯蓄術をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ゲーム感覚や、カラダに良い貯金まで

ゲーム感覚でできる 「ルール貯金」

 挫折せずに貯めるには、自分が楽しめる「貯めるルール」を設定するのがおすすめです。先ほどの500円玉貯金も「500円玉をもらったら貯める」というルールですが、ルールは自分で自由に決めて構いません。

 例えば「英会話に行ったら1000円貯める」、「ジムに行ったら500円貯める」など……。自分で決めたルールを実行できたら貯めるのです。習い事や勉強など、定期的に行っていることに関わるルールにすると貯めやすいでしょう。

 ポイントは「できたら貯める」ルールにすること。「できなかったら罰金として○円」というルールにはしないことです。ポジティブなルールにしておくことで、「忙しいけれどちゃんと○○できた」という実績を「貯蓄」という目に見える形で残せるからです。貯蓄額イコール、自分がこれだけ頑張った証拠になるわけです。成功体験とお金の積み重ねを同時にできて、きっと自分に自信がつきますよ。

ルールが決まらないときは「歩数」で貯めるのもアリ

 習い事や趣味が特にない、運動などの習慣もない人は、歩数をルールにするのはいかがでしょうか? 歩くことなら、誰でも毎日必ずしていますよね?

 歩数に応じて貯める場合も、細かいルールは自由に決めて構いません。1日の歩数をそのまま貯蓄額とすると、1カ月分ではかなり高額になりがちなので、「1万歩歩いたら1000円」などとしてもいいでしょう。なお、日本人女性の1日当たりの歩数は平均約7000歩。これをベースに、平均より多く歩いたら貯めるというルールにもできそうですね。

※厚生労働省「平成28年国民健康・栄養調査」(PDFが開きます)


 ずっと家にこもっているより、歩くのは健康にも良いもの。お金が貯まるという動機があれば、自然と体を動かしたくなるかもしれません。お財布にも体にも、と一石二鳥を目指せますよ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
加藤梨里
加藤梨里(かとう・りり)
ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) マネーステップオフィス株式会社代表
保険会社、銀行、FP会社を経て独立開業。家計、保険などお金のセミナー、執筆、相談を行う。働く女性のライフプランと健康にも関心があり、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教も務める。監修を担当した最新刊は『ガッツリ貯まる貯金レシピ』『年金世代のしあわせ家計簿』
マネーステップオフィス株式会社:http://moneystep.co/
関連キーワードから記事を探す
マネー教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ