• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラサー世代の転職指南塾

じわじわ違和感 31歳クリエーティブ転職の始まり(2/3)

2017年9月4日

大手に就職 手がけた作品もヒット だけど次第にモヤモヤ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

3年目からヒット商品をデザイン

 仕事内容は自社製品のパッケージデザインや外部デザイナーとのやり取り。種類も多く、また次々と新商品や限定商品などが発売されるため、仕事は忙しかったが、「商品パッケージを一からデザインするというよりは、元のデザインに少しずつ修正を入れていくような細かな仕事が多かったです」。それでも、全国の小売店で扱われている商品のパッケージデザインに関われるということで、やりがいは大きかったという。

 印象に残っているのは、入社3年目に手掛けた新商品のパッケージデザインの仕事だ。

 「今までにないような画期的な商品だったので、先輩にサポートしてもらいながら、商品の魅力を感じてもらえるよう工夫してデザインをしました。すると、その商品が大ヒットしたんです。雑誌の取材が来たりもしました。自分が一からデザインした仕事が評価され、とてもうれしかったです」。また、パッケージデザインを担当した商品がロングセラーになるなど、結果を出せるようにもなり、やりがいを感じていた。

 一方で、いくつか気になっていたこともあった。

 一つは先輩デザイナーたちと仕事のスタンスが違うこと。デザイナー室には勤続年数の長い年配のデザイナーも多く、既存のデザインの小修整をするような地味な仕事も多いためか、「ヒット商品を作ろう」といった気概のない人が多かったという。

やりがいはあったが、次第にモヤモヤを感じ始めることに… (C) PIXTA

 中には仕事を振られないように忙しいフリをする人もいて、他の部署の人からは「デザイナーのみなさんは残業もなくていいですね」などと嫌みを言われることも。しかし、その原因はもっと別の根深いところにあった。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ