• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラサー世代の転職指南塾

じわじわ違和感 31歳クリエーティブ転職の始まり

2017年9月4日

大手に就職 手がけた作品もヒット だけど次第にモヤモヤ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 デザイナーといえば、クリエーティブな専門職というイメージですが、その転職事情はどうなっているのでしょうか? 今回は大手メーカーの広告部パッケージ担当から小規模なデザイン事務所に転職をした31歳デザイナー女子に、就職活動の話から、デザイナーの求人の探し方、ポートフォリオと呼ばれる過去の制作物をまとめた作品集作りなど、デザイナーならではの転職ストーリーを聞きました。

新卒入社で大手メーカーの広告部パッケージ担当に

 ふんわりと優しげな空気をまとった杏子さん(仮名、31歳)は美大卒業のデザイナー。1年ほど前に入社したデザイン事務所で食品や化粧品などを中心としたパッケージのデザインを手掛けている。「今の会社は小さいのですが、雰囲気もいいし、いろいろなクライアント向けのデザインの仕事ができて楽しいです」と、笑顔で語る。

今の会社は規模も小さいですが、新しいチャレンジができます 写真はイメージ (C) PIXTA

 前職では国内では名の通った大手メーカーの広告部でパッケージを担当していたという杏子さん。「大学卒業前、厳しい就職活動の中で途方に暮れていたのですが、偶然、大学にデザイナーの求人が入り、勧められるまま応募したところ、入社できたんです」。業界的にも、デザイン専門職の募集はわずかな枠しかないため、タイミングよく内定が出たのは幸運だったと振り返る。

 杏子さんが所属していた部門には、20代から60代まで各世代1~2名ほどデザイナーがいて、全部で10名ほど。勤続20年、30年という人もいて、比較的のんびりしたアットホームな雰囲気で、残業もほとんどなく、居心地のいい職場だったという。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ