• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

夏メイクであか抜け オフィスでもOKな濃紺の使い方(3/3)

2017年7月13日

アイラインとマスカラにネイビーを仕込んで、夏らしい洗練された目元に変身

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ステップ3:綿棒で押さえる

描いたラインのキワを綿棒でぼかします

 ラインが多少ガタガタでも、綿棒で修正できるので大丈夫。余計な油分を抑えて、にじみにくくする効果も。

ステップ4:マスカラを塗る

 「『頑張ってる感』出るのはイタイ 正しいアイメイクは」のステップ4と同じようにマスカラを塗ります。

 マスカラの色はネイビーで、カールタイプのものを選びましょう。ブラックのマスカラよりも軽やかに仕上がります。

◆いつものブラウン系メイク
◆ネイビーを使った夏メイク

 ブラウン系メイクよりも涼しげで夏らしい印象に。同時にきちんと感もあるのでオフィスでも浮きません。

 いつもはブラックのマスカラ&アイラインを使っている人でも、ネイビーなら違和感なく取り入れやすいはず。ぜひ試してみてくださいね!

取材・文/中島夕子、撮影/稲垣純也

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
菊地身季慧(きくち・みきえ)
ヘア&メイクアップアーティスト。大学在学中に秘書検定1級を取得し、一般企業に勤務した後、メイク&ネイルスクールを卒業。ヘア&メイクアップアーティストとしてテレビ局勤務を経て、エーツーに所属。雑誌や広告、書籍、イベントなどで活躍。エーツースタイリストスクール講師、一般社団法人日本ファッションスタイリスト協会講師。「色・形・素材・内面」を分析し、似合うスタイリングをつくるStylingMapを使ったメイクレッスンも行っている
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ