• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

達成感を感じられる今年の目標の立て方 具体的な方法

2018年1月9日

目標の有無で1年は変わる でも無理な目標は禁物!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 さあ、やって参りました、2018年! 今年はますます充実した1年が過ごせるよう、目標を立てることから始めてみませんか? でも、立てただけで満足するのはNG。夢や目標をかなえるには、いくつか実践すべきことがあるのです。その方法を、すずまり姉さんに聞きました。

(登場人物)

やる子(30歳)すずまり姉さん(40代) 左:やる子(30歳)/仕事に対しては真面目で、やる気も十分なのに、なぜかいつも空回り……。ミスやムダが多く、残業しているのは自分だけという状況もしばしば。

右:すずまり姉さん(40代)/効率よくスマートに仕事をこなす。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌う。厳しさと愛をもって全力で後輩を指導中。

充実した1年を過ごすために。今年の目標、もう立てた?

 2018年の業務初日となる日経YARUKI社オフィス。休み明けの和やかなムードが漂う中、やる子は新年の挨拶をするべく、すずまり姉さんのデスクへ向かいます。

やる子 「すずまり姉さん、あけましておめでとうございます! 休みが長かったから、お会いするのも久しぶりですね~」

すずまり姉さん 「あけましておめでとう! やる子、ごぶサタデーだわね。今日は火曜日だけど」

やる子 「ごぶサタデーって……。今年も相変わらずですね。でも、その親父ギャグすら久しぶりに聞けてうれしいです」

すずまり姉さん 「喜んでもらえて光栄だわさ。戌年にちなんでワンダフルな1年にしましょ。ワンワン! ところでやる子、今年の目標はもう立てた?」

やる子 「あ~、まだちゃんとは決めてないんですよね。とりあえず、今月中には立てようかと思って」

すずまり姉さん 「出たわね、やる子のズルズル病が。そのままじゃ、ズルズル星人になっちゃうわよ。1月中とか言ってるうちに、2月になり3月になり、あっという間に11月くらいにワープしちゃうんだから」

やる子 「そ、それは怖いですね……。ズルズル星人もよく分からないけど、何だかズル~リとした見た目でイヤなヤツっぽいし。とりあえず、すぐにでも立てるようにしますっ」

すずまり姉さん 「でも、ただ立てるだけじゃダメよ。ポイントを説明するから、しっかり聞いてちょんまげ」

やる子 「お、お願いしますちょんまげ」

すずまり姉さん 「……いや、語尾に付ければいいってわけじゃないのよ。無理しないで」

え? まだ今年の目標、真っ白なの? (C) PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鈴木真理子
鈴木真理子(すずき・まりこ)
ヴィタミンM 代表取締役。三井海上火災保険(現三井住友海上)に事務職で入社し、約10年の勤務を経て起業。企業研修やセミナーで3万人以上に指導を行う。ビジネス書作家(日本ペンクラブ会員)としても活動。著書は8冊、累計15万部突破。近著は「仕事のミスが激減する『手帳』『メモ』『ノート』術」(明日香出版社)。江戸っ子言葉でギャグ好きの姉御気質。数多の過ち経験を告白し、ミス、ムダ、残業を減らすヒントを提唱。
関連キーワードから記事を探す
お仕事術働き方就職・転職コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ