• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

パソコン作業は40分で休む 仕事がはかどる時間割

2017年10月31日

60分をどう使う? ムダなし、ムラなし 成果アップの時間術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 オフィスワーカーにとって、今やパソコンは必須アイテム。使わずにこなせる業務など、ほとんどないと言えるでしょう。そんな現状の中、「使い過ぎは体調不良を引き起こす可能性もあるので、きちんとルールを設けるべき」と、すずまり姉さんは提言しています。果たして、そのルールとは?

(登場人物)

やる子(30歳)すずまり姉さん(40代) 左:やる子(30歳)/仕事に対しては真面目で、やる気も十分なのに、なぜかいつも空回り……。ミスやムダが多く、残業しているのは自分だけという状況もしばしば。

右:すずまり姉さん(40代)/効率よくスマートに仕事をこなす。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌う。厳しさと愛をもって全力で後輩を指導中。

忙しい→画面の見過ぎ→眼精疲労ではかどらない。ああ、悪循環…。

 気温が徐々に下がり、秋深まる今日このごろ。相も変わらず忙しそうなやる子は、必死の形相を浮かべつつ業務をこなしています。

やる子 「ああ、もう、いくらやっても終わらないっ! 最近、何でこんなに忙しいの……」

 嘆きながらパソコン画面を凝視していると、突然、目の奥に痛みが走ります。

やる子 「うおぉ、目が、目が~っ……」

 思わぬアクシデントに、デスクに突っ伏すやる子。と、そこへ、カツカツカツ! というヒールの音と共に、すずまり姉さんがやって来ました。

すずまり姉さん 「ハ~イ、やる子、お久しブリーフ」

やる子 「なっ! すずまり姉さん、人が苦しんでいるときに、何を言うんですか……」

すずまり姉さん 「ようやく出張から戻ってきたから、挨拶しただけなのに……。はい、これ、お土産よ」

やる子 「わぁ、ありがとうございます!」

すずまり姉さん 「ご機嫌直るの、早いわね……。それはそうと、あ~た、目が真っ赤よ。どうしたの?」

やる子 「朝からパソコンと格闘していたら、目が痛くなっちゃって。飛び出るかと思いましたよ!」

すずまり姉さん 「ちょっとそれ、いただけないわね……。いい? パソコン作業は40分で考えなされ。分かりやすく単位で言うと、1パソコン=40分ね」

やる子 「いや、むしろ分かりにくいです……。とりあえず、どういうことなんでしょう?」

「も、もう、目が開けられません~」 (C) PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鈴木真理子
鈴木真理子(すずき・まりこ)
ヴィタミンM 代表取締役。三井海上火災保険(現三井住友海上)に事務職で入社し、約10年の勤務を経て起業。企業研修やセミナーで3万人以上に指導を行う。ビジネス書作家(日本ペンクラブ会員)としても活動。著書は8冊、累計15万部突破。近著は「仕事のミスが激減する『手帳』『メモ』『ノート』術」(明日香出版社)。江戸っ子言葉でギャグ好きの姉御気質。数多の過ち経験を告白し、ミス、ムダ、残業を減らすヒントを提唱。
関連キーワードから記事を探す
お仕事術働き方就職・転職コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ