• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日常・非日常の「バッグ使い」で失敗を防ぐ 選び方

2017年9月26日

社内移動、会社帰りのイベントや弔事…バッグの選び方、使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 会議で社内を移動するとき、資料や手帳、スマホなどはどのように持っていきますか? 両手に抱えている人も多いでしょうが、ちょっとバランスを崩すと床に落としてしまうこともありますよね。特に仕事中、「活用してほしいバッグがある」とすずまり姉さん。一体、どんなバッグなのでしょうか?

(登場人物)

やる子(30歳)すずまり姉さん(40代) 左:やる子(30歳)/仕事に対しては真面目で、やる気も十分なのに、なぜかいつも空回り……。ミスやムダが多く、残業しているのは自分だけという状況もしばしば。

右:すずまり姉さん(40代)/効率よくスマートに仕事をこなす。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌う。厳しさと愛をもって全力で後輩を指導中。

荷物を積み重ねて運んでいたら、大切なものを落とす羽目に…!

 新たに始まるプロジェクトに燃え、多忙な月末に奔走するやる子。この日も朝から他部署とのミーティングに挑み、ようやくデスクへと戻ってきます。でも、なんだか足取りが重いようで……。

すずまり姉さん 「お疲れちゃん、やる子。何かあったの?」

やる子 「あ、すずまり姉さん、お疲れさまです……。実はさっき、大切なペンを落としてしまって。エレベーターに乗るとき、扉の所の隙間から落ちていったんです。そりゃもう、吸い込まれるように……」

すずまり姉さん 「えっ、エベレーターに!? それは大変ね」

やる子 「それを言うなら、エレベーターっす……」

すずまり姉さん 「あら、ツッコミにいつものキレがないわね。そんなに大切なペンだったの?」

やる子 「初めてのプロジェクト成功を祝って、自分へのご褒美で買ったペンだったんです。ああ、なんでちゃんと持っておかなかったんだろ」

すずまり姉さん 「さては、積み重ねた資料の上に置いて移動していたのね。それはダメっすわ。荷物が多くなるのは仕方ないとしても、もうちょっと工夫してスマートに持つようにしなくちゃ。そういうときに使えるバッグをプレゼントするから、元気出してちょうだいな」

やる子 「ううっ、姉さん、ありがとうございます」

資料の上にペンやスマホを置いて、社内移動していないですか? (C) PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鈴木真理子
鈴木真理子(すずき・まりこ)
ヴィタミンM 代表取締役。三井海上火災保険(現三井住友海上)に事務職で入社し、約10年の勤務を経て起業。企業研修やセミナーで3万人以上に指導を行う。ビジネス書作家(日本ペンクラブ会員)としても活動。著書は8冊、累計15万部突破。近著は「仕事のミスが激減する『手帳』『メモ』『ノート』術」(明日香出版社)。江戸っ子言葉でギャグ好きの姉御気質。数多の過ち経験を告白し、ミス、ムダ、残業を減らすヒントを提唱。
関連キーワードから記事を探す
お仕事術働き方就職・転職コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ