手帳で管理できるのは、アポイントや締め切りだけではありません。上手に活用すれば、自分時間をつくったり、体調を把握したりもできるんです。そんなセルフマネジメントの助けとなる、手帳の活用方法とは? 早速、すずまり姉さんに聞いてみましょう!

(登場人物)

やる子(30歳)すずまり姉さん(40代) 左:やる子(30歳)/仕事に対しては真面目で、やる気も十分なのに、なぜかいつも空回り……。ミスやムダが多く、残業しているのは自分だけという状況もしばしば。

右:すずまり姉さん(40代)/効率よくスマートに仕事をこなす。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌う。厳しさと愛をもって全力で後輩を指導中。

体調が悪い……。それ、去年の今ごろも言ってなかった?

 月末が近づき、徐々に忙しさを増してきた日経YARUKI社オフィス。やる子もご多分に漏れず、バタバタしながらミーティングやデスクワークをこなしています。

やる子 「あああ、忙しくて目が回りそう。妙に暑くて汗ばんできたし……。今日のオフィス、暖房が効き過ぎなんじゃない?」

 誰に聞かせるでもなくグチをこぼした途端、カツカツカツ! と靴音を響かせながら、すずまり姉さんがやって来ます。

すずまり姉さん 「ハ~イ、やる子。先週に引き続き、今日のファッションも大人路線ですてきね。心なしか頬が上気して、表情も色っぽいし……。ムッシュムラムラ!」

やる子 「うう、すずまり姉さん、のっけから脱力させないでください……」

すずまり姉さん 「あら、お気に召さない? じゃあ、話題を変えて、やる子はダチョウ倶楽部なら誰が好き?」

やる子 「そんな3人しかいないグループなのに、『ジャニーズなら誰?』みたいに聞かれても……。しかも話題、変わってないし」

すずまり姉さん 「ずいぶん元気ないわね……。もしや、あ~た、熱があるんじゃない?(やる子のおでこに手をやって)やっぱり。ちょっと熱いみたいよ。そういえば去年もこの時期、風邪引いてたわよね」

やる子 「そうでしたっけ……?」

すずまり姉さん 「覚えていないのね、まあ、いいわ。何にせよ、体調管理は大切だから、手帳をしっかり活用しなさいね」

やる子 「ん? 体調管理に手帳って、一体どういうことですか?」

すずまり姉さん 「手帳は体調管理のツールにも使えるってこと。それはいずれ説明するから、とりあえず今日は早退して、きっちり治してらっしゃい」

やる子 「いやいやいや、『手帳で体調管理』が気になって、おちおち休めません。とりあえず薬だけ飲むから、ササッと教えてください!」

あれ、私、昨年の今ごろも同じ症状だったような… (C) PIXTA