• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

光熱費はもっと減らせる! 冬のあったか節約術

2016年11月18日

寒い冬でも、時間をかけずに効果絶大な節約術がありました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

これからの冬本番、暖房などで光熱費がかさむ・・・と思っている人も多いのではないでしょうか。寒い冬を光熱費を抑えながら賢く乗り切る節約術を、節約アドバイザーの和田由貴さんと、東京電力エナジーパートナーの中村剛さんに伺いました。

攻略するべき光熱費トップ4

1. 暖房
家庭の消費エネルギーを年間で見ると、冬の暖房だけで23.1%を占める(下グラフ参照)。暖房費を賢く抑えることが大切。

2. 湯沸かし&保温
お湯には、水道代と電気代(またはガス代)という2つのコストがかかっている。毎日の使い方を見直せば節約効果は大。

3. 冷蔵庫
冷蔵庫は24時間、365日動いているため、少しの工夫が大きな節約になる。省エネ性能に優れた機種への買い替えも有効。

4. 洗濯&乾燥
特に「乾燥」にかかる電気代が膨らみがち。浴室乾燥機や洗濯乾燥機は、使い方を工夫してみよう。

家庭のエネルギー消費の割合(年間)

「光熱費の節約で、まず見直すべきは暖房と給湯。この2つだけで、年間の消費エネルギーの約半分を占めています」と、東京電力エナジーパートナーの中村剛さん。「こまめにプラグを抜く」といった細かな節約術は、面倒な割に、実は年間数百円しか削減できない。効果の大きいところから始めよう!

効果の大きいところからはじめよう (C)PIXTA

暖房

電気ストーブやヒーター

「エアコンは電気代が高い」と思いがち。しかし、熱を発生させるコストは電気ストーブのほうが高く、なんとエアコンの6倍(東京電力の試算による)。

暖房機器のコスト比較

「部屋のメイン暖房はエアコンにし、電気ストーブは補助暖房として短時間使うのがおすすめです」(中村さん)。

30分程度の外出ならエアコンはつけっ放しで

「最近のエアコンは省エネ性能が向上し、自動モードや省エネモードに設定すると、低電力で快適な温度を保ってくれます。部屋の状況にもよりますが、頻繁にONとOFFを繰り返すよりは、省エネになる場合もあります。ただし、強モードでのつけっ放しはNGです」(中村さん)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術マネー暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ