• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

肌たるみ防止 おすすめカフェインレス茶はこの9つ

2017年11月30日

1日1〜2杯でOK!  毎日の生活に糖化たるみを防ぐお茶を取り入れよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回「肌のたるみやシミを予防 緑茶がおすすめなワケ」では、糖化たるみを防ぐお茶の飲み方のルールと、お茶が糖化たるみに効くしくみについてお伝えしました。今回はカフェインレスでも糖化たるみを防ぐお茶をご紹介します。

 カフェインレスの健康茶にも、強い抗糖化作用を持つものがある。それが、同志社大学の八木雅之教授らが80種以上の健康茶を調べて突き止めた、下の9種類。「緑茶と同等の極めて高い抗糖化作用を持ち、食後の高血糖を防ぐ働きが高い」(八木教授)。1日1〜2杯で、その効果が期待できるという。

 注目したいのは、AGEs(終末糖化産物)の分解を促す可能性があるというお茶。「AGEsは一度できると分解されにくいが、健康茶の作用には、AGEsの分解・排出を促進する可能性があることが分かってきた」と八木教授。

 健康茶独特の風味は、“ちょい足し”などの工夫で飲みやすくなる。お薦めは、糖質の吸収をゆるやかにするクエン酸を含むレモン。抗糖化作用のあるお茶は、肌のくすみやたるみだけでなく、血管や内臓の老化も防ぐという。さっそく飲み始めよう。

抗糖化作用の強い健康茶

1. 甜茶
2. ドクダミ茶
3. ルイボスティー

4. 柿の葉茶
5. シソ茶
6. グアバ茶
7. バナバ茶
8. ハマ茶
9. クマザサ茶

同志社大学の八木教授らが、80種類以上の健康茶の糖化反応抑制率を測定。お茶の抽出液がコラーゲン中のAGEs生成をどの程度抑制するかを、糖化反応阻害作用を持つ化合物・アミノグアニジンと比較し、強い糖化抑制作用を確認したものがこの9つ。中でも八木教授のお薦めは甜茶、ドクダミ茶、ルイボスティー。

健康茶のいれ方は2通り

急須でいれる

急須にティーバッグを入れ、パッケージに表示された量の湯を注ぎ、所定の時間蒸らす。

茶葉を煮出す

表示の量の湯を沸かし、弱火で煮出す。水から沸かすタイプや、煮出し後に蒸らすタイプもある。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識ダイエットスキンケア健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ